ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本のパスポートは世界最強クラス!世界から評価される脅威の実力とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏休みを間近に控えていますが、「どの国に行こうか?」なんて雑誌やネットで調べて行き先を決めましたよね?

日本では当たり前の話かもしれませんが、実はこれってすっごく恵まれている環境なのです。行きたい場所を考える日本人がいれば、行ける場所を探す外国人もいるのです。

日本人が何気なく持っているパスポート。実は世界でもトップクラスのパワーを持っているのです。

 

日本のパスポートランキングは第5位

photo by pakutaso

「153」

これは日本人がビザ無しで入国できる国数です。世界の総国数は約196ヶ国なので、ほとんどの国にビザ無しで自由に行き来できるのです。

カナダのアートン・キャピタルというコンサル会社がまとめた「Passport Index」というサイトによると、日本は153ヶ国の第5位です。

 

ちなみに第1位は157カ国でドイツとスウェーデン。1位とたった4カ国の差。そして、お隣である中国はたった50カ国の74位です。

これを見るといかに日本が恵まれているかわかりますよね。上位陣はイタリア、スペイン、フィンランド、スイスなど、欧州勢が並びます。

反対に、下位は情勢不安やテロが連日報道されている中東諸国が並び、最下位はアフガニスタンの24カ国。これでは行きたい国があっても、向こう側からNGの連発です。

 

海外旅行中にも感じる日本パスポートという通行書

photo by MPD01605

そんな恵まれた日本のパスポート。海外旅行に行った際にもその威力を感じることがありました。

それは入国審査。東南アジアに何度か行った際に思ったのですが、日本人への審査が甘い?と感じることがありました。

 

このランキングの下位国の人たちはかなり色んな質問をされたり、抜き打ちで持ち物をチェックされてる光景を見たことがあります。

それはたまたまだったのかもしれないけど、日本のパスポートを見せるだけで「日本人?そのまま行っていいよ」という感じです。あきらかに表情が変わり、「良い休暇を!」なんて陽気に声を掛けられるくらいです。

私たち日本人は入国審査で通れないなんて考えたこともありませんが、実は外国人の旅行者にとっては「入国できるのだろうか?」と心配になる人も少なくないのではないでしょうか。

 

世界に出ない日本人と行きたくても行けない外国人

photo by Paul Davidson

このように、日本のパスポートがいかに強力で日本人が恵まれているかわかりますよね。

そんな環境にも関わらず、日本人のパスポート保有率は24%。実に4人に1人が持っていないという驚きの数字。ちなみに多い国だとイギリスは60%、カナダは70%らしいので、とんでもない差です。

さらに日本人なら事前にビザの申請をして許可が出るかドキドキすることもないですよね。これは日本にいると当たり前のことだと思ってしまうけど、発展途上国の人にとってみればとても幸せなこと。

 

先日フィリピンに行った時に現地の人に言われました。

「日本人はお金もあるし、パスポートを持ってるだけで自由に世界を回れるよね?」
「でも、僕たちは違うんだ」
「お金も無いし、パスポートが取れても事前にビザの申請をしなければいけないんだ」
「しかも申請が下りることは保証されていないんだ」

これにはハッとさせられました。

お金が無いだけではなく、世界中のたくさんの人が海外に出ること自体にいくつものハードルがあるということを思い知らされました。

 

最後に

photo credit: YVR Vancouver International Airport via photopin (license)

パスポートの信用によって自由に世界中を出入国できる。これが最強のパスポートと言われる日本の力です。

このことを本当に有難いと思って旅をしよう。そして、こんなチャンスをもらった国に生まれたのだから精一杯チャンスを活用しよう。そう思ったのでした。

日本人であることに感謝です。

海外に行きたくてもいけない人が世界中にたくさんいる。日本人はもっとこの恵まれた環境を活用すべきですよね。

関連記事リンク(外部サイト)

折りたたみができるスーツケース「Néit」が登場!その薄さなんと8センチ以下
超便利な青春18切符で目的地の無い旅をしよう
“美容”を簡単キープ出来る!機内の美容対策5つ
同じ目的地に向かう人集まれ!ライドシェアリングサービスを使って、バスで旅を快適に!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP