ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

MPA、2016年度音楽著作権管理者養成講座スタート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
MPA、2016年度音楽著作権管理者養成講座スタート

MPA(日本音楽出版社協会)は、2016年度音楽著作権管理者養成講座を6月21日にスタートした。

開講に先立ち、桑波田会長が受講者に向けて「50時限の講義を通じてビジネスの基礎を学び、アメリカに次いで世界2位のマーケットの日本でのビジネスにどう繋げるか、自分なりの考えを持ってほしい」と述べた。

この日は『著作権法と著作権の現在』(森孝之氏・文化庁長官官房著作権課長)、『音楽出版ビジネス概論』(桑波田景信氏・日音代表取締役社長/MPA会長)、『音楽出版社の歴史(外国)』(朝妻一郎氏・フジパシフィックミュージック代表取締役会長/MPA顧問)の3講義が行われた。

なお、講座は11月まで延べ17日間、50時限にわたって行われ、全講座終了後には修了試験が行われる予定となっている。

また、今年度より、過去に講座を修了した人を対象とした再履修制度が新設された。10時限コースと20時限コースの2種類を設け、受講者は全50時限の講義から任意の講義を、講義前までに自由に選択することができる。

■MPA:http://www.mpaj.or.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。