ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

100億円社長の弓子夫人にイチローの父「全然知らない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 マーリンズのイチロー(42才)は6月15日、通算安打数4527本(日米累計)の歴代新記録を達成した。伝説のバッター、ピート・ローズの持つ数字を抜き、メジャーの歴史に新たな1ページを刻んだ。

「ファンのかたにああいった反応をされるとね、やっぱり嬉しいです」
「チームメートにも感謝しています。本当にありがたい存在です」

 試合後の会見で、イチローはファンや仲間への感謝を述べた。だが、彼は最後まで妻・弓子夫人(50才)に触れることはなかった。在米スポーツ紙記者が語る。

「2004年にイチローが年間安打数のメジャー記録(257本)を更新した際は、真っ先に弓子さんの存在に言及し、“彼女がいたからこそ”と、妻の支えに感謝していた。でも、今回は弓子さんの名前が一切出なかった。最近、弓子さんの姿が球場で見られていないこともあり、夫婦に何か起きてるのでは…と現地記者の間でも話題になっているんです」

 イチローと弓子夫人が結婚したのは1999年。当時TBSのアナウンサーだった弓子夫人は、入籍を機に退社し、以降陰で夫を支え続けた。

「中でも日々の体調管理は弓子さんの最大の仕事。プロ顔負けの料理の腕前で、イタリアンから中華、フレンチ、和食まで何でも作れる。もちろん栄養の計算も完璧。食材の買い出しに1日3時間かけ、試合の終了時間を予測して、帰宅後の絶妙のタイミングでテーブルに並べる徹底ぶりです」(スポーツ紙記者)

 イチローの超一流のパフォーマンスは、弓子夫人の“内助の功”があってこそのものだった。しかし今、弓子夫人の手腕は“ビジネス”に発揮されていた。彼女は2009年、シアトル市内に美容エステ店『エンサロン』をオープンしている。

「もともと美容の仕事に興味があったんです。夫婦には子供がおらず、イチロー選手の遠征時は自由な時間もありましたからね」(前出・スポーツ紙記者)

 同店はネイルやヘアカット、全身マッサージなど多種多様なコースを備え、スタッフは全員日本人。トリートメント1回で60ドル(6000円)、パーマは最高で500ドル(5万円)という高級路線だが、これが評判となった。

「丁寧な施術に加え、日本人特有の“おもてなしサービス”が現地のセレブに大ウケしたんです。アンチエイジングのコースには一年中予約が殺到しているほど。市内有数の人気サロンに成長しています」(在米ジャーナリスト)

 弓子夫人はさらに不動産投資にも手を広げ、シアトルだけでなくロサンゼルスやワシントンなど、全米で多数の不動産を所有。彼女は現在、「年商100億円超」とも報じられる凄腕の実業家に転身していたのだ。

「現在、夫妻の自宅はマーリンズの本拠地のあるフロリダ州マイアミにありますが、弓子さんは社長業もありますし、新たな投資物件を探してアメリカ大陸全土を行き来する多忙な日々を送っています。球場に応援に行く機会が減ったのも無理のない話です」(前出・在米ジャーナリスト)

 すれ違う生活が夫婦仲に影響を与えたかというと、実際はそうでもないらしい。

「年に1度、オフシーズンには夫婦で帰国して、連れ立って挨拶回りをしています。弓子さんの実家にもふたりで顔を出すし、行きつけの兵庫県下の病院で、一緒に健康診断を受けたりしている。最近も、知人の誕生日に夫婦連名でお花を出していました。夫婦仲は変わらず良好ですよ」(イチローを知る野球関係者)

 イチローが通算安打数の記録を更新した数日後、愛知県の彼の実家を訪れると、父親が応対した。

「感慨深いというかね。まぁ、よくやったなと思います」

 笑顔で息子の快挙を称える一方、イチロー夫婦と会っているのかを問うと、一転して険しい表情を浮かべる。

「家内は会ってるんだけどね。自分はちょっと、ここんところ…。弓子さんのこと? いやぁ、彼女がどうしてるのか私は全然わからないんで、むしろ情報あるんなら教えてほしいくらいです」

 息子の偉業よりも弓子夫人の“社長生活”に驚くかもしれない。

※女性セブン2016年7月7日号

【関連記事】
ヤクルト・青木宣親 披露宴出席のイチローに特別控室を用意
マリナーズ監督「川崎はイチローとプレーしたいだけだろう」
フリー女子アナ 勝ち組はイチロー夫人、株急落は内田恭子

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。