ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、Android TVを搭載した「au ひかり」向けの新型セットトップボックス「STW2000」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI は 6 月 23 日、Android TV を搭載した「au ひかり」向けのセットトップボックス「STW2000」を発表しました。発売日は 6 月 29 日となっています。STW2000 は 4K 出力に対応した家庭用の Android TV セットトップボックスです。Android TV を採用したことで、「au ひかり」のテレビ映像のほか、ビデオパスや YouTube などの Android アプリのコンテンツも大画面で利用できます。STW2000 は Android TV デバイスなので、Google Cast レシーバーとしても機能します。また、外付け HDD を接続すると、「au ひかり」のテレビ映像を録画することができます。さらに、Sony が提供しているリモコン付き番組表アプリ「TV Side View」にも対応しています。STW2000 の筐体サイズは 168mm x 160mm x 30mm とコンパクト。外部 IF 類は、電源、HDMI 出力端子、HDMI 入力端子、USB 端子 x2、LAN ポート(ギガビット)を搭載。製品にはリモコンが付属しています。Source : KDDI

■関連記事
IIJ、7月1日より「IIJmio高速モバイル/D」のサービス内容を拡充へ
Galaxy On7の後継モデル「SM-G6100」がGFX Benchに登場、Snapdragon 625を搭載
UQ mobile、毎月の基本料から1,000円を最大13ヶ月間割り引く新キャンペーン「イチキュッパ割」を7月1日に開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP