ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

猛獣なクロコダイルにまたがれる!セブ島の珍スポット「CebuZoo」へ行ってきた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは!フィリピンでの生活も残り3週間となり、世界一周のプランニングを再び始めつつ、スピーキングに磨きを掛けているKEIです!

リアルタイムなフィリピン留学の写真はInstagramにて更新中です!今回は、フィリピン・セブにある”どこにも掲載されていない珍スポット”「CebuZoo」へ行ってきました。

僕自身、噂を頼りに行くことにしたので、当初、期待はしていませんでした。

photo by Kazuki Kiyosawa

しかし訪れてみると、期待値が低かったからか、予想以上の面白さ!

セブに訪れた際は、「期待をせずに」訪れてみてください!(オススメはツッコミキャラの人を連れて行くこと)所有時間は半日あれば充分です!

 

どうやら「個人経営」の動物園らしい!?まずは行き方から

photo by Kazuki Kiyosawa

セブ市のキャピタルから、タクシーまたはモーターサイクルバイク(バイクタクシー)で「セブズー」の場所を聞いてみましょう!どうやら山の上にあるそうです!…
(僕たち日本人は、誰も場所を知らないので既にRPG感がハンパないです)

キャピタルから山を登ること15分くらいで見えてくる怪しい動物園「セブズー」手作り感満載の入り口で入場料を払います。その額なんと30PHP(70円)!

 

入っていきなり、巨大アナコンダ!?

photo by Kazuki Kiyosawa

動物園に入場して、1番最初に目に止まるのは巨大アナコンダとその周りでヘラヘラ笑っている飼育員さん達。

こんなに巨大なアナコンダを首に巻くとは思いませんでした。想像以上にずっしりしていて、妙にぷにぷにしていて、その動き方もゆっくりと、なのにいつの間にそこまで動いてるの!?と思う奇妙な感覚でした。

photo by Kazuki Kiyosawa

苦笑いの1枚。なんとなくイモトアヤコさんを始めとした、「蛇が苦手」という人の気持ちが少しわかったかも…笑

実はこのセブズー、今年の5月頃にイモトアヤコさんが訪れたそうです!飼育員さん達が「イモトアヤ、コココキタ!」と片言な日本語で話しかけてきたのには驚かされました。

この世界一周の旅の最中に大好きな「イッテQ」のメンバーに会えないかな…!と期待しているKEIです。

 

こんなに自由で大丈夫なの!?日本じゃありえない動物園

photo by Kazuki Kiyosawa

アナコンダの他にも、セブズーでは驚くことはたくさんあります!

謎の肉片を食べている鷹。

photo by Kazuki Kiyosawa

辺りには飼育員さんの姿はありません。こんな肉食の鷹を飼育員さんなしに自由に触れるなんて、日本ではまずありえないですよね。

photo by Kazuki Kiyosawa

他にも、テレビで見たことのある可愛い顔して獰猛なアイツとか。

photo by Kazuki Kiyosawa

人懐っこいツノの生えたアイツとかいます。

このセブズーのすごいところは何と言っても、自由度の高さ!

photo by Kazuki Kiyosawa

このツリーハウスの下では、現地のフィリピン人の家族が10人くらいで鍋を囲み楽しそうにランチを食べていました。(ピクニックというよりは勝手に食卓にしている感じ)

明らかに動物が脱走したであろう痕跡の残る檻(ぶっ壊れています)がそのまま放置されていたり、不機嫌そうなお猿さんがいたり…

「Hey!Hello」と話しかけてくるオウムや、なぜかニワトリが檻に入っていて、その横を檻に入ってないニワトリが通る(その差はなに?)、摩訶不思議なシュールな空間が広がっていました。

まさにB級観光地!

 

今回の目的!クロコダイルに乗ってみた!

そして今回ぼくが、セブズーに来た最大の理由。

なんとこの動物園では、クロコダイルに触ることが出来るんです!というか、乗ることが出来るんです。

photo by Kazuki Kiyosawa

無知だからこそ出来ることなのか、飼育員さんに言われるがまままたがってみましたが、地元のフィリピン人は柵の上から「OH MY GOD!」という声が聞こえました。

クロコダイルの感触はなんとも奇妙で、ザラザラごつごつとした肌触りなのに妙に柔らかく、冷たいところと暖かいところがあり、終始「シュー」と臭い鼻息を掛けられていました。

本当に珍獣ハンターになった気分!

photo by Kazuki Kiyosawa

実は僕、小学生の頃「自然観察クラブ」というものに所属していました。その頃の「動物に触ってみたくてしょうがない!」という感情を思い出したいい経験でした。

ジンベエザメと泳ぎ、クロコダイルに乗ったので、次はトラと寝そべってみたいです!

この世界一周の旅のテーマに「世界中の動物と実際に触れ合ってみる」というものが加わりました!なんだか、ポケモンをやってる気分です。

 

「フィリピン・セブ」と聞くと、やはり綺麗なビーチを思い浮かべてしまうと思いますが、時間があれば手作り感満載の「セブズー」に訪れてみてください!

日本では滅多にできないクロコダイルに乗る!という体験と、あの頃の「ポケモン図鑑をコンプリートしたい!」という少年心を取り戻すことが出来るはずです。

関連記事リンク(外部サイト)

経験者10人に聞いた、フィリピン留学の「リアル」が分かる記事9選
ハリー・ポッターの魔法学校が、小笠原諸島の南硫黄島に存在するって噂
卒業旅行を世代別に比較!おじいちゃん、おばあちゃんは超イケてる場所に行っていた!
Cats and dogs=土砂降り!知らないと恥をかく、おもしろ英語イディオム10選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP