ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フィリピンの心霊スポット・コレヒドール島で歴史を学ぶ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo Credit: Tomoka Aono「第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー

こんにちは!Compathy Magazineライターのアオノトモカです。

現在は主にセブ島などの「南の楽園」的なイメージが強いフィリピンで、第二次世界大戦中に激しい戦いがあったことを皆さんはご存知ですか?

フィリピンの首都、マニラの沖合に浮かぶ島・コレヒドール島。その小さな島は第二次世界大戦中激戦地となり、約6万発もの爆撃がうちこまれ、植物は灰に兵舎や病院は廃墟と化しました。そして現在に至るまで、コレヒドール島にはその悲惨な戦争の記憶が目に見える形で保存されています。そしてその歴史と不気味な雰囲気から、コレヒドール島はフィリピンでも最も有名な心霊スポットとしても知られています。

コレヒドール島とは

コレヒドール島は、フィリピンのマニラ湾に浮かぶおたまじゃくしのような形をした島です。全長6kmという非常に小さい島ながら、首都マニラ沖の軍事拠点として歴史的に重要な役割を果たしてきました。「コレヒドールの戦い」について知っている人も多いのではないでしょうか? コレヒドール島は、第二次世界大戦中に多くの日本兵がアメリカ・フィリピン連合軍と戦い、命を落とした場所として日本の歴史にも記されている場所です。

See page for author [Public domain], via Wikimedia Commons

コレヒドール島へのアクセス

・マニラ湾シーサイドターミナルからフェリーで約1時間
※コレヒドール島への一般アクセスは、サンクルーズ社のフェリーのみとなります。(フェリー往復料金と入島料合わせて一人1400ペソ。土日祝日は100ペソ追加)

コレヒドール島の歴史

1570年から約300年以上に渡って、コレヒドール島はスペインの支配下に置かれていました。当時からすでにコレヒドール島は、貿易と防衛上の重要な拠点とされていました。米西戦争の結果、アメリカがコレヒドール島の支配権を握り、フォートミルズ基地が築かれると、島には多くのアメリカ兵が駐屯。その後インフラが整備され、住居や病院、映画館までもが建てられました。そして第二次世界大戦中の1941年に日本軍がフィリピンへ侵攻し、アメリカ・フィリピン連合軍はコレヒドール島に司令部を置きますが、翌年の「コレヒドールの戦い」の末に連合軍は降伏します。1945年にコレヒドール奪還戦が始まると、コレヒドール島では日本軍と連合軍の間で激しいゲリラ戦が繰り広げられ、1945年2月にアメリカ・フィリピン連合軍がコレヒドール島を奪還しました。

1. ウェイ砲列

Photo Credit: Tomoka Aono「第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー
ウェイ砲列では、戦争当時の弾痕や大砲で地面に空いた穴がそのまま残されていて、見学することができます。また、当時の弾薬庫と弾頭のサンプルも残されています。被弾して飛ばされた大きなコンクリートの塊が食い込んだ木の幹などもそのまま残されていて、まるでつい最近まで戦いがあったかのような臨場感を感じます。

2. フォートミルズ病院跡

Photo Credit: Tomoka Aono「第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー
当時使われていた病院の建物が、今もそのまま残っています。病院は上空から見ると十字架のような形になっており、戦闘機のパイロットにここが病院であるということがわかるようになっています。それは「教会・学校・病院は空爆してはいけない」という条約があったためですが、日本はその条約にサインしていなかったため、この病院も爆撃対象となりました。
そして実はここ、フィリピンでも有名な心霊スポットです! 崩れかけた壁には無数の落書きがあり、昼間でも不気味な空気が漂っています。

3. マイル・ロング兵舎

Photo Credit: Tomoka Aono「第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー
駐屯のアメリカ兵が暮らしていた兵舎跡です。敷地内には、プール、映画館、ゴルフコースなどの娯楽施設まであり「ソルジャーズパラダイス(兵士の楽園)」と呼ばれていました。現在もその一部は廃墟となり、残っています。こうした兵舎や娯楽施設の跡地は、激しい戦火にさらされ、さらに何十年も時が経って朽ちてしまった後でも、ここに確かに人の暮らしがあったことを証明し、今に伝えています。

4. 太平洋戦争記念碑

Photo Credit: Tomoka Aono「第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー
太平洋戦争で戦った兵士たちを讃えるために、アメリカによって建立された記念碑です。太平洋戦争の戦地として、沖縄や硫黄島などの地名も刻まれています。一番奥には、「Eternal Flame of Freedom(永遠なる自由の炎)」と名付けられた彫刻作品が飾られ、支配からの独立と自由を象徴しています。

5. コレヒドール灯台

Photo Credit: By Karla Mae Brazil (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
1853年にコレヒドール島に初めて灯台が設けられましたが、第二次世界大戦中に戦火を浴びたため、1950年代に再建され現在に至っています。高くそびえる白い灯台の上からは、マニラ湾を望むことができ、灯台の下にはお土産屋さんが立ち並んでいます。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP