ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポール・マッカートニー作の世界一美しい曲といえば?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜ー木曜14時からの番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー「3時のポール」。アーティストが日替わりで、ポール・マッカートニーの音楽について語るこのコーナー。6月22日のオンエアでは、アメリカのサーフミュージックシーンを率いるG.Loveさんが登場しました。

9月22日に日本公開予定の、ビートルズのドキュメンタリー映画「ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years」。世界中で巻き起こった“ビートルマニア現象”を政治的・社会的に検証するこの作品。作中では、ポール・マッカートニーも登場して当時の様子を語っていますが、数々のアーティストたちにとって、ビートルズ、そしてポールとの出会いは衝撃的なものだったようです。

同コーナー初となる海外アーティスト、ブルースやサーフミュージックシーンの先駆者として活躍しているG.Loveさんもその一人。ポールとの出会いや思い出を語ってくれました。

「彼女と自転車に乗って映画に行こうとしていたときに、ボストンのフェンウェイ・パークでポールのライブをやっていたんだ。やっぱりポールのライブが見に行きたくなり、彼女と別れてライブに行ったんだよ。それが初めて見たポールのライブなんだ」

G.Loveさんは、初めて生で見る彼の姿に「コンサートの間中、泣きっぱなしだった」と言います。その理由は「子どもの頃から親しんでいた曲をポールが歌っていた」から。G.Loveさんは13歳の頃にギターの先生からビートルズの曲を教えてもらい、特に「ザ・ビートルズ」、通称“ホワイト・アルバム”を聴き込んでいたのだそう。その11曲目に入っていたのが、最も愛する曲として挙げる「Blackbird」でした。

「(ライブの)最後にポールがアコースティックで『Blackbird』を演奏して、そのときが人生最高の瞬間だったんじゃないかな。その時のことを考えると、今でも泣けちゃうくらい」

1968年の発表から48年が経つ今でも、こうして人々の心に響き続けている「Blackbird」。G.Loveさんにとって、子どもの頃に初めてフィンガーピッキングできるようになった曲であり、「僕が弾ける曲の中で最も美しい曲で、世界にとっても大切な曲」なのだと、思いの丈を熱く語ってくれました。

そしてG.Loveさんのギターには、ポールの影響が表れているといいます。そんなG.Loveさんは、今夏のフジロックフェスティバルに出演が決定。ルーツとなったポールの存在に思いを馳せながら、耳を傾けてはいかがでしょうか。6月23日の「3時のポール」には、Anlyさんが登場します。こちらもお楽しみに!

【関連サイト】
「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

74歳のポール・サイモン 実験音楽の楽器を取り入れる(2016年06月21日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/74.html

ハマ・オカモト「ポールに人生を変えられた」(2016年06月09日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/post-1732.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。