ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

群馬にようこそ! 隠れた名物「太田焼きそば」って何だ?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

群馬県太田市で有名なB級グルメ、「太田焼きそば」を提供している本店。太田やきそば連合会の会長を務めていた店主の、こだわりの焼きそばを味わうことが出来ます。また、上州名物のもつ煮や大きな唐揚げも魅力。「田舎のやさしさ」をたっぷり楽しめるお店です。

どうも、万年「そのうち痩せるだろうダイエット」実施中のメシ通レポーターの六夏です。もちろん運動も食事制限もしてません。炭水化物は私の友達! カロリーこそが私の人生! 今回はそんな炭水化物ラバーにぴったりの焼きそば専門店「もみの木」さんで日本3大焼きそばの一強を食べ尽くしてきましたよ~。

もみの木さんは群馬県太田市の名物、太田焼きそばの名店。実は、私の実家のご近所さんでもあります。小さい頃から慣れ親しんだ味だけど、帰省するたびにおいしくなっていると噂の店なのです。

太田焼きそばといえば、秋田県横手市の「横手やきそば」や静岡県富士宮市の「富士宮やきそば」に並ぶ日本三大焼きそばのひとつ。太麺に甘いキャベツ、濃厚なソースが絡んだどこか懐かしい味はふるさとの味として地元民から絶大な支持を得ているのです。

中でも、もみの木では調理時に一切油を使っていないのだとか! 1.6センチの分厚い特製の鉄板でじっくり焼くので、油を使わないモッチモチの食感に。沼田産の甘~いキャベツをたっぷり使っているから山盛りの焼きそばを食べても胃もたれしないのが特徴。カロリーも気にせず食べられるのが嬉しいところです。

早速一番人気の唐揚げ焼きそばをお願いしました! どっさりのキャベツを鉄板で炒めるじゅわ~~~っという音が食欲をそそります。すると、ご主人が常連さんに「お腹空いてる?」との質問。時間は午後1時過ぎ、「お腹ペコペコだよ~」の声で超巨大焼きそばが登場~! 麺だけで1キロあるそうなので、唐揚げを入れたら1キロ越えのびっくりサイズ。「せっかくだから写真撮っといて~」とありがたいお言葉にパシャリ。さすが常連さん、ペロリと完食してました……!

そうこうしているうちに、焼きたて熱々の唐揚げ焼きそばが登場♡ お分かりでしょうか、巨大焼きそばと比べてもこのボリューム。これで並盛りなんだからびっくりですよね。甘辛いソースにシャキシャキのキャベツがよく絡んで、お箸が止まりません。付け合わせの唐揚げは、衣に卵を使っているからジューシーかつカラッとした口当たり。油を使わないさっぱり焼きそばと、カリッと揚がった唐揚げのコンビネーションはバッチリです♡

さらにさらに、もみの木の名物といえば「焼きそば丼」も有名。炭水化物に炭水化物を合わせた、力技です! 普通の焼きそばとは違い、油を使わず出汁で麺をほぐしているのでソースが染み込んだ麺は、白米との相性も抜群なんだとか。牛ベースの本格コンソメスープをかけていただくひつまぶし風丼は、まさに新感覚のおいしさ♡ 取材中に細身の女性が来店していましたが、「おいしい~!」と完食されていましたよ。

メニューに「復刻!」の文字が躍るもつ煮も絶品。生姜が効いた味噌ベースの出汁に、ふわふわのもつがとろ~り。こんにゃくのまち群馬県らしく、ちぎりこんにゃくにも味が染みていました☆ 生姜効果でいつまでも身体がポカポカするのも嬉しいですよね。もつ煮は時間によっては売り切れてしまうことも多いそうなので、絶対食べたい! というあなたは電話で予約しておいて。

もみの木さんのいいところは、焼きそばのおいしさだけではありません。明るく朗らかなご主人や、そんなもみの木の雰囲気に惹かれてやってくる常連さん達とのコミュニケーションもぜひ楽しんでほしいところ。なんと、もみの木ファンクラブには会員が100人以上いるんだそう! 私自身2時間ほどの取材中、たくさんの常連さんたちにいろんなお話を聞かせていただきました。中には、お皿洗いを手伝う常連さんの姿も。

それに、店内ではご主人の趣味だというレコードを楽しむこともできるんです。隠れた名品のあんみつも絶品なので、ちょっぴりムーディな昭和歌謡を楽しみながらほっとティータイムを過ごすのもいいかも。

今日いただいたのはご主人が豆から擦って作ったという「ずんだあんみつ」。甘さ控えめのつぶ餡と、食感が楽しいずんだ餡のハーモニーにうっとりでした♡

おいしい焼きそばに常連さん達との楽しいおしゃべりで、心も身体もホッと満たされた気分♪ おいしい出会いに、ごちそうさまでした~!

お店情報:

もみの木

住所:群馬県太田市浜町35-4

電話番号:0276-45-2720

営業時間:10:00~19:00

定休日:年中無休(不定休あり)

ウェブサイト:http://www.hotpepper.jp/strJ000355311/


書いた人:

仙水六夏

駆け出しへろへろ小説家。好きなものはカエルとタコ、キーウィ。食べるのもみるのも大好きです。美味しいものを食べて眠っていたい。

関連記事リンク(外部サイト)

【姫乃たま】億を貢がせたホスト界のレジェンド・伏見直樹氏のお店~中板橋「三本杉」~【今夜もヒミツ酒:6軒目】
あの「餃子の王将」がこの夏イチオシする「日本全国ご当地麺」がオリジナリティあふれすぎていて最高な件
なぜ僕が渋谷で「夜カフェ」を始めたのか。 業界のカリスマ「LD&K」大谷秀政氏に突撃取材!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP