体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水曜日のカンパネラ、新EPは「UMAの動物園」

水曜日のカンパネラ、新EPは「UMAの動物園」
J-WAVE月曜−木曜深夜1時からの番組「SPARK」(水曜ナビゲーター:水曜日のカンパネラ)。6月22日にメジャー第1弾アルバム「UMA」リリース!…にちなみ、当日のオンエアでは、コムアイとケンモチヒデフミがアルバムの解説をしました。

●奥に引きずりこまれていくようなEP
そもそも「UMA」というタイトルにしたコンセプトは何だったのかというと…

コムアイ:UMAは“Unidentified Mysterious Animal”の略で「未確認生物」のこと。クラーケン、カッパ、ツチノコ、雪男とか、怪しいUMAの動物園みたいな雰囲気にしたいと思って、このタイトルにしたんです。1曲ごとに聴いている人がさらわれていって、迷子になって、どんどん奥に引きずりこまれていくような、パワーの強いものにしたいと思って作りました。

ケンモチ:そういうEPになっちゃいましたね。僕らも迷い込みましたからね(笑)。

ということでした同番組ではこれまでに「雪男イエティ」「ツチノコ」に関する解説をしてきましたので、今回は「ユニコ」「クラーケン」について解説しました。

【ユニコ】
ケンモチ:巷で流行りつつあるといわれているトロピカルハウスと、フォーキーな感じの優しいメロディーを混ぜられたらいいなぁというコンセプトで作りました。

コムアイ:レコーディングに一番難航しました…私。素材が良くないと、どうしようもなかったから。

ケンモチ:1本録りみたいな感じで、何もイジらないのを録りたかったんだよね。それにユニコって、手塚治虫さん原作の漫画で、意外と物悲しくて、おちゃらけて録る訳にもいかず…。

コムアイ:不条理を子どもに教えるような漫画で、いつもユニコがさらわれて、次の時代や場所に飛ばされちゃうの。せっかく仲良くなったのにまた引っ越すようなせつなさとか、そういうのが情景として浮かぶような曲にできたらと思って作りました。

【クラーケン】
コムアイ:クラーケンはタコとかイカの怪物で、海賊を襲ったりするんだけど、クラーケンにだんだん深海に気持ち良く引きずり下ろされていく感じの曲。ドイツのミニマルバンドBrandt Brauer Frickが作曲した曲にはめたいと思った声を、何度も調整して作っていきました。名古屋にいるラジオDJのねねさんがハマってくれたんだよね。ねねさんは素敵な“おネエ”なの。

ちなみに、「クラーケン」には、“芝居、浄瑠璃、芋、蛸、南京”というような歌詞が出てきます。

コムアイ:江戸時代、女性が絶対に喜ぶラインナップが芝居、浄瑠璃、イモ(サツマイモ)、タコとかだったんです。

ケンモチ:イモはまだわかるけど、タコって…。ほかにまだありそうだよね。

コムアイ:ウナギとか? ウナギは料理に時間がかかるから、個室で待っておかないといけないんです。だから、江戸時代に男女でウナギを食べに行くということは、ちょっとそういうニュアンスだったの。

などと、思わぬ知識が飛び出しました。

●メールをスルーされた映像作家
さらに今回の「必殺! 仕事人の館」のコーナーには、「ツチノコ」のMVを担当した映像作家の山田智和さんが登場しました。山田さんは、水曜日のカンパネラ「メデューサ」「ナポレオン」「ツチノコ」のMVのほかに、サカナクション、DAOKO、Base Ball BearなどのMVなども担当しています。

山田さんが水曜日のカンパネラのMVを担当することになったきっかけは、J-WAVEで「モノポリー」がよくかかっているのを聴いて、「ぜひ、この曲の映像を撮りたい」と思ったそうです。なんとかして水曜日のカンパネラとコンタクトをとろうとしましたが…

山田:ホームページから問い合わせたり、ツイッターで連絡をとろうとしたけど、スルーされて。

コムアイ:え? そうだったの!? 無視してごめんなさい。それでも来てくれたのが智和くんっぽいよね。絶対に撮りたい対象を見つけたらグイグイいくの。自信がない若い監督は、そういうことをしないんじゃないかと思うよ。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会