ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【岐阜県】奥飛騨・金華山・養老の滝など一度は訪れたい絶景スポット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【一度は訪れてみたい岐阜県の絶景スポット】

今回は、日本の絶景・秘境を都道府県別に厳選してご紹介いたします。

奥飛騨・新穂高、平湯大滝、恵那峡、小坂の滝めぐりなど…

この機会に、日本が世界に誇る素晴らしき絶景を訪れてみてはいかがでしょうか?

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

平湯大滝

飛騨三大名瀑、日本の滝百選にも選ばれた滝。2月には氷結しライトアップも

滝から600mと目と鼻の先には、天然の足湯(冬季休業)があり、無料で利用できる。地下数百mから汲み上げた源泉に清らかな滝の水を混ぜて心地よい温度に調整。足湯に癒されながらの絶景が楽しめるスポット!

\口コミ ピックアップ/

マイナスイオンたっぷり、真夏でも涼しいスポットです!駐車場から滝までは徒歩20分。歩くの苦手な人は一人100円で、マイクロバスが滝近くまで行ってくれます。

今度は真冬の凍りついた滝をみてみたいです、歩いて降りてきたら無料の足湯につかって疲れを癒すことできます。足湯につかりながら、お蕎麦も食べれちゃいます。高山から35分くらいでした。 平湯大滝

住所/岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯

TEL/0578-86-2111

「平湯大滝」の詳細はこちら

焼岳

飛騨山脈の長野県と岐阜県にまたがる標高2455 mの活火山。別名は硫黄岳

おすすめの絶景ポイントはふもとにある大正池からの焼岳。新緑や紅葉と迫力ある溶岩ドームが池に映り込むさまが見られるそう。現在も活動を続けている北アルプス唯一の活火山のため、登山時には要注意!

\口コミ ピックアップ/

日本百名山のひとつです。

山頂の火口からは蒸気が上がりとても迫力があります。上から眺める上高地もまた美しいです。

ただ、噴煙噴き上げる活火山だけに、入山前にはしっかりと気象庁のホームページなどで活動状況を確認する必要があるとは思います。 焼岳

住所/岐阜県高山市奥飛騨温泉郷

TEL/0578-86-2111

「焼岳」の詳細はこちら

新穂高ロープウェイ

日本唯一の2階建てゴンドラで。気軽に標高2000mを超える絶景が楽しめる!

花が咲き乱れる春、新緑と青空の夏、紅葉色鮮やかな秋、山が神秘的な雪化粧に包まれる冬…と季節ごとに異なる表情を手軽に見られる。さらに、標高2156mの西穂高口駅屋上にある展望台からの大パノラマも圧巻!

\口コミ ピックアップ/

お天気に左右される可能性は高いですが、私が行った日は快晴で360度眺めが最高に良かったです。

美しい山並みに感動します。とても気持ちいい。

山頂は肌寒いので羽織るものを持参してください。 新穂高ロープウェイ

住所/岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高

TEL/0578-89-2252

「新穂高ロープウェイ」の詳細はこちら

小坂の滝めぐり

過去2度の噴火によって作られ、川の流れの浸食などにより変わり続ける滝

全国に通用する大きな観光資源となる「岐阜の宝もの」に認定された「小坂の滝めぐり」。歩いて15分ほどのものから、秘境の川を横断する上級者コースまで多様。清流の飛沫がつくる虹や、四季折々の絶景を楽しもう。

\口コミ ピックアップ/

下呂温泉に旅行に行った時に車で1時間かからないぐらいの距離にあり、大変行きやすい場所でした。

溶岩の壮大さに魅了され、歩いて5分もかからないとこに3連の滝。。目の前で大迫力でさらにマイナスイオンもたくさん!!

滝の近くはエアコンのガンガン効いた部屋のような涼しさで最高でした。

目の前の川に足を付けれるとこがあり、足をつけたら真夏なのにめちゃめちゃ冷たくて身体が冷えました。

是非とも1度足を運んでみてはいかがですか? 小坂の滝めぐり

住所/岐阜県下呂市小坂町

TEL/0576-24-2222

「小坂の滝めぐり」の詳細はこちら

乗鞍岳

畳平の花畑には木道が整備されていて、人気のハイキングコースとなっている

約3億年前にできた秩父古生層の上に噴火物が堆積して出来た「乗鞍岳」。3026mの剣ヶ峰を最高峰に、23の峰と7つの湖、8つの平原があり、四季を通じて美しい景観を楽しめる。貴重な高山植物の美しさも堪能!

\口コミ ピックアップ/

夏のマイカー規制のためバス利用。

乗鞍スカイラインを通るバスからの眺めは最高でした。

天気がよかったのでバスから雲海が観れました。

それほどの高低差を感じられます。

乗鞍岳山頂までトレッキングしましたが、バスで到着できる地点からの景観も素晴らしく、高低さがないところを散策することも出来るので、少し足腰が不自由なご年配の方が来られても気持ちの良さを感じてもらえるのではないかと思います。

トイレ・食事にも困らず快適に過ごせます。

風景の良さは天気に大きく左右されると思いますので、ぜひ晴れの日に! 乗鞍岳

住所/長野県松本市

「乗鞍岳」の詳細はこちら

宇津江四十八滝

実際には48ではなく13の滝で構成。この地に伝わる「よそ八伝説」が語源

「日本の自然100選」「飛騨・美濃紅葉三十三選」などの名勝。渓谷沿いの大小無数の滝があげる水煙や自然を四季折々楽しめる。頂上にある上平滝までは歩いて約1時間。マイナスイオンたっぷりの散策を楽しもう!

\口コミ ピックアップ/

四十八滝川にある13の滝めぐりです。往復1時間ほどで行けますが、私は体力がなく、往路に40分かかりました。でも、とても涼しく途中で休憩したり川に入ることも出来るので、楽しみながら登れました。

最後の13番目の滝から少し登った所に、見晴らしのいい所があるので、すぐに引き返さない方がチョットお得した気持ちになります。(登り口に杖があるので、利用した方がいいです。最初は緩やかですが、途中、急な所もあるので。) 宇津江四十八滝

住所/岐阜県高山市国府町宇津江

TEL/0577-72-3948

「宇津江四十八滝」の詳細はこちら

養老の滝

「養老の滝」までは、公園の駐車場から徒歩約30分、養老駅からは徒歩約50分で到着

文人墨客にも親しまれてきた名瀑で、「日本の滝百選」にも選定された滝。高さ30m、幅が約4m、岩角を打ち流れ落ちる水は清冽で、その雄麗な姿は必見。秋の紅葉はもちろん、春の新緑、夏の夕涼みにもおすすめ!

\口コミ ピックアップ/

「滝への近道 リフトのりば」の看板に引き寄せられ、遊歩道からそれてリフトのりばを目指しました。リフトのりばまでの階段にくじけそうになりながらも、なんとかのりばに到着。本当に近道かどうかは判断がつきませんでしたが、登り道を回避できました。

リフトの山頂駅からの景色もよかったです。下りは徒歩でのんびり下りてきました。リフトはおすすめします。

養老の滝は見応えがありました。 養老の滝

住所/岐阜県養老郡養老町高林1298-2

TEL/0584-32-0501

「養老の滝」の詳細はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

【鹿児島県】桜島・白谷雲水峡・千尋の滝など一度は訪れたい絶景スポット
自然体験に水遊び!夏休みに行きたい!おすすめ家族旅行スポット17【熊本編】
【三重県】夫婦岩・青山高原など一度は訪れたい絶景スポット

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP