ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「頼もしい……!」男子も惚れちゃう女子のカッコイイ勇姿

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「頼もしい……!」男子も惚れちゃう女子のカッコイイ勇姿/トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。「何かあったら、俺が守ってやるから」なんて男性が女性をかばった時代も今は昔。草食男子という単語が生まれてはや10年。ファッションの流行もジェンダーレス(性差を感じさせない)になった今、雄雄しさを押し出さない男性も好かれるようになっています。

 

そこで欠かせないのがパワフルな女子の存在です。男性がリードしない、女性もリードしない環境ではいつまでたっても関係が進みません。そこで今回は男性から見て「なんて頼もしいんだ……!」とキュンときちゃう、カッコいい女子が取る行動をピックアップしました。

男性だって「助けて!」とあなたに頼りたいタイミングがあるもの。多くは語らず勇姿を見せ、彼を落としてしまいましょう!

 

1. ゴキブリをやっつける姿

戦争や犯罪の危険性はほぼないといわれる国、ジャパン。身の回りにある最大の危機といえばゴキブリの襲来です。1980年代のドラマなら「キャー!」と叫べば誰かがバシっとGを殺してくれましたが、これからの時代は自分でGくらいやっつけたいもの。

男性だってGを苦手とする人は多く『R25』の調査では嫌いな虫ランキング堂々1位。ここは一歩前へ出て、彼の代わりにやっつけてしんぜましょう。彼もきっとあなたを見て「頼もしくって素敵……!」と恋に落ちるはず。

 

2. スケジュールを組む

デートの段取り、いつも彼に任せてはいませんか? もしいつも任せているのなら、自分で行きたい場所を提案して彼を引っ張っていくデートも試してみましょう。新鮮さに彼がドキっとするはずです。

 

また、大勢の人を呼ぶ会を綿密に企画するのが苦手な男性は多いもの。そこで「今度の会、場所おさえておいたから。19時に○○集合ね」などとテキパキ動いてくれると、仕事ができる女子っぷりにあなたへの信頼が増すはずです。

 

3. 家族や友達への根回し

彼が落ち込んでいるときや人前でヘマをしてしまうこともありますよね。私の知っている例では、泥酔して女友達へ迷惑をかけるのがあるある1位。20年前なら「それでも彼へついてゆきます」と献身っぷりをアピールしても良かったでしょう。ですが今となっては「あの彼、大丈夫?」と諌められるのが関の山です。

 

こんなときこそ「カッコイイ女」らしさで彼をフォローしてあげましょう。「この前は彼が迷惑かけちゃってごめん、でも彼ってそこも可愛らしいんだよね」と。キーワードは<そこも可愛い>です。自分が彼の友達の前で失敗してしまったときにかけてほしい言葉を考えて、彼をフォローしてあげればあなたの優しさにぐっと来るはず。

 

4. トラブルに対応する勇姿

たとえばこれからの季節、BBQや旅行、海遊びが増えてきますよね。そんなとき車のパンク、道に迷った、急な天候で予定がキャンセルになるなど、何かとトラブルもつきものです。

 

そこで慌てふためくのもいいですが、もしあなたが「今からJAF(日本自動車連盟)へ連絡するね。○○君はその間、携帯でジャッキの使い方を調べてて。電話終わったら一緒にタイヤ交換できるかやってみよう」なんて言ってくれたら彼どころか、一緒にいるメンバー全員があなたへ惚れてしまうはずです。急なトラブルに対応するコツはあらかじめ「この旅行で最悪の事態は何が起こりうるかな」と予想しておくことです。どんなときも余裕の対応で、男性を落としちゃいましょう。

 

おわりに

ここまで、彼を落とす「カッコイイ勇姿」をご案内してきました。今回リストアップしたのは、従来彼の役割としてあわてたり見守ることでやりすごしてきたこと。これからは少しステップアップして「彼も私を守る。私も彼を守る」対等な関係になってみませんか?

 

》トイアンナ のその他の記事はこちら

ライター:トイアンナ
トイアンナのぐだぐだ(http://toianna.hatenablog.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ひょっとして「スキスキ」アピール?男性からのイラつく絡み方3つ
<恋愛心理テスト>どこをくっつけて眠るかで分かる、2人の未来
「この女と結婚はない」とハイスペ男子が思わず逃げ出す!?別れを意識させる NGポイント
6月18日からは運命の人と出会う確率が最高潮に高まる時〜より確実に引き寄せる為にやるべき4つの事
【調査】女にだらしない…よりも、82%の女性が嫌う男性のだらしない部分とは

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。