ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソユーズ 宇宙から186日ぶりの帰還

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本時間(以下同)6月18日、第47次長期滞在ミッション用ソユーズTMA-19Mが、国際宇宙ステーション(ISS)から約186日ぶりに帰還した。無事帰還したのは、ユーリ・マレンチェンコ飛行士(RSA:ロシア連邦宇宙庁)、ティモシー・コプラ飛行士(NASA:米航空宇宙局)、ティモシー・ピーク飛行士(ESA:欧州宇宙機関)の3人。

【もっと大きな画像や図表を見る】

3人を乗せたソユーズTMA-19Mは、2015年12月15日に打ち上げ成功、翌16日からISSにドッキングしていた。2016年6月18日午後2時52分にISSから分離すると、午後5時22分に大気圏突入のための軌道制御用噴射を開始。午後6時15分にカザフスタン共和国に着陸し、ミッションを終えた。最新イベントの様子から、注目のファッションアイテム特集やセレブのプライベートショットまで、エンタメ情報を写真で楽しむならこちら。随時更新中!心揺さぶる瞬間をとらえた“一枚”を毎日お届けします
(R25編集部)

ソユーズ 宇宙から186日ぶりの帰還はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

NASAが99%の確率を指摘 「史上最も暑い年」に戦々恐々
宇宙初のエスプレッソは美味しい?
親が子に望む資質1位「思いやり」
「漫画を読んで憧れた職業」TOP10
若田光一「全体像を意識すること」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP