ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

月額1000円「Kindle Unlimited」 また間違って公開?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


6月18日、Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」の日本語を使用した関連ページが登場し、ネット上で“いよいよ日本でサービス開始か”と注目されていたものの、20日には削除されていたことが話題だ。

【もっと大きな画像や図表を見る】

「Kindle Unlimited」は、月額9.99ドルで、100万冊の電子書籍や1000冊のオーディオブックが読み放題・聴き放題になるサービス。Kindleだけでなく、iPhone・iPad・Androidなどのスマートフォンやタブレットでも専用のアプリをインストールすることで利用することが可能で、海外では2014年にスタートし、日本での展開も待望されている。

この情報は、Amazon Product Advertising APIから、キンドルの公式セール情報を取得し、開始前のKindleセール情報をいち早く紹介する「キンセリ」がつかんでいたもの。 「キンセリ」によればAmazon.co.jpに、「Kindle Unlimited」の関連ページとして「ストアおすすめ」「新着タイトル」「読み放題ジャンル」「洋書読み放題ジャンル」の4つができていたといい、これを知ったTwitterユーザーの間では、

「いよいよですかね。どの業界も変わらざるを得ませんね。」
「これはわりとガチっぽいですねえ」
「おお、本当にKindle unlimitedの専用ページが準備中ぽい?」
「期待大」

など、期待する声があがっていた。しかしその後「キンセリ」は、これらのページが20日0時に削除されていたことを報告。ただ、「レコメンド」「New」「その他」「Browse」「TOP」というカテゴリはあるといい、サービスの日本展開が期待できるのは変わらないとしている。

「Kindle Unlimited」は、2014年の海外版のサービスローンチの際にも“間違って公開された後、非公開に”なったという事件があった。今度こそはただのフライングで、サービスインも近いと思いたいのだが、どうだろうか。

(花賀 太)
(R25編集部)

月額1000円「Kindle Unlimited」 また間違って公開?はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

新型Kindle 充電式ケースでバッテリーさらに長持ちに
『週チャン』5日後配信は「遅い」
Amazon震災の「記憶」配信
VASILY金山氏「本を読まないやつは人間じゃない」
Amazonプライム日本だけ超お得「絶対値上げする」の声

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP