ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

黒木瞳と大地真央 「宝塚流アメとムチ」で後進を育てる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

《最強コンビが再結成!》、《2人が並んで話しているところを見れるなんて…》。6月19日、ネット上には“奇跡の共演”に対する歓喜の声が溢れていた。

 同日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、宝塚歌劇団の元男役トップスター・大地真央(60才)と、元娘役トップスター・黒木瞳(55才)が出演。現役時代には黄金コンビといわれた2人だが、1985年に同時に退団して以来31年間、トーク番組や芝居での共演は一切なかった。

 番組では宝塚歌劇団理事で演出家の小池修一郎氏(61才)も含めた3人で当時の思い出話に花を咲かせた。時を戻したかのように、「ショーコ(黒木の愛称)」「真央さん」と呼び合う2人。黒木が茶目っ気たっぷりに話すたびに、やさしく微笑みながら相づちを打つ大地の姿からは、今なお続くコンビ愛が伝わってきた。

 宝塚での出会い、初めて言葉を交わした時のこと──久しぶりのトークは次第に熱を帯びていく。「(大地は)芸事に関してはすごく厳しかった」と話す小池氏の後に、勢いづいた黒木は「すごく厳しかったですね」とうなずき、当時のエピソードを語り始めた。大地の怒り具合は名前の呼ばれ方でわかったのだという。

「いちばん怖いのが『江上さん!』(黒木の旧姓)っておっしゃる時。うわ~、江上だぁ~って思いながら(大地さんのもとに)行くんです。その次が『黒木さん!』で、同期生に励まされながら行く。普通の伝達事項だと『ショーコ(黒木の愛称)ちゃん』とか、『ショーコ』。ショーコがいちばんフレンドリーでした(笑い)」

 黒木の言葉に、大地はニンマリと笑う。そんな大地を横目に、黒木はフォローするように続けた。

「その後に必ず『ご飯に行こう』っておっしゃって、『なぜみんなの前で注意するかわかる? 他の人があなたに注意できないように私がするのよ』って。だから2人きりのときはすごくやさしいんです」

 言葉を選びながら当時を振り返る黒木に大地はきっぱりとした口調でこう答えた。

「2人でやると決まった以上は宝塚のいちばんになりたいと思ったから必死だったよね。ショーコはよくついてきてくれたと思う。(相手役は)彼女じゃないとダメだった」

 その後も「私たちの愛に勝つ人はいないと思う」と大地が断言するなど絆の深さを見せつけ、番組は最後「いつか女優としても共演したい」という黒木のアプローチで終わった。

「娘役のイメージも強く外見もかわいらしい黒木さんですが、性格はわりとサバサバしていて男らしい。でも、この日ばかりは大地さんを前に少女のようなはにかんだ笑顔で、終始丁寧な敬語。今も大地さんを上級生として、そしてパートナーとして敬う様子が伝わってきました」(テレビ局関係者)

 6月25日に公開を控える映画『嫌な女』で初監督を務めた黒木。主演の吉田羊(年齢非公開)を相手に、現場では“宝塚流”のアメとムチを使い分けていたようだ。

「映画では何回も泣くシーンがあるのですが、黒木からは“その涙は違う!”“それはどういう涙なの?”と容赦ない演技指導が入りました。吉田さんが“これってイジメ?”と思うほどだったそうです」(映画関係者)

 だが製作会見では一転、皆の前で吉田の演技を絶賛した。

「吉田さんはすごく素直な役者さんです。この映画での役はものすごくストレスをかかえている女性の役。そのために私も吉田さんに負荷をかけましたが、それを乗り越えていきました」

 一方の大地も、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』での演技が、「娘や孫を厳しく叱りつけながらも、本当はやさしい母であり祖母」と評価されている。“宝塚流怒り方”は31年経った今も、2人の芸を支えている。

※女性セブン2016年7月7日号

【関連記事】
来年100期の宝塚 黒木瞳や君島十和子娘が受験するとの情報
はいだしょうこ 宝塚の先輩・大地真央の出待ちをした過去
宝塚時代の黒木瞳 ファンぐるみの酷いいじめにあっていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。