ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モンスター隣人には承認欲求満たす「ディスペーシング」を

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 関西地方に住む大野俊二氏(仮名・57)の最近の頭痛のタネは、お隣さんとの関係だ。約20年前に越してきた隣人夫婦とは同年代ということもあり、互いの家を訪問し合う良好な関係を築いてきた。変化が訪れたのは昨年、子供のいない隣人夫婦が熟年離婚してからだった。

「一軒家には旦那だけが残った。道端で会っても目を逸らされ、知らんぷり。ゴミ出しのルールも守らず、指定日以外に不燃物を集積場に投棄する始末」(大野氏)

 その程度なら我慢もできたが、深夜、タクシーで自宅前に乗り付けると、翌朝に「眠れない! 静かにしろ!」との張り紙が自宅玄関に貼られていた。昼間に大野氏の妻が家で掃除機をかけていると「うるさい!」と怒鳴り込んで来るなど、モンスター隣人と化し、大野氏は困り果てている。

 モンスター化した「クレーマー」には、『ディスペーシング(反同調行動)』と呼ばれるテクニックを使うことで、事態の収拾を図ることができるという。『悩み0(ゼロ)―心理学の新しい解決法―』(ワニブックス刊)の著者・神岡真司氏が解説する。

「『ペーシング』とは、自分の言動を相手に合わせることで共感を得る術ですが、このディスペーシングは、あえて相手と同調しないことで、相手のペースに巻き込まれることを回避するテクニックです。

 激昂して早口で捲し立ててくる相手には、ゆっくりとした口調で応対し、自分のペースに引き込みます。この後、“すみません、お怒りですよね”と、相手が怒っている事実を受け止め、謝罪することで、相手の承認欲求が満たされ、冷静な話し合いの糸口がつかめることも多い」

※週刊ポスト2016年7月1日号

【関連記事】
身長168cmの大野いと ミニスカートから伸びる健康的な美脚
料理番組の真実 台本はあるの? 残った食材はどうなるの?
武井咲 スリット入りの白ワンピースから太ももチラリで笑み

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP