ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水がジュースに変身する「ペットボトルキャップ」って?(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フィンランドに拠点を置くLimonade社が開発した、世にも珍しい“ペットボトルキャップ”を紹介。ただの水がジュースに変わるって、一体どういうことなのでしょう?

その証拠として、約30秒ほどで終わる以下の動画を見てください。

ペットボトルに装着して
「キャップ」をひねると…

ねっ?あっという間に美味しそうな炭酸飲料が出来上がったでしょ?

すでにお気づきの人もいるでしょうが、改めて説明しましょう。この「EasySoda Bottle Cap」にはジュースの原液が入っており、ペットボトルに装着してひねると流れ出る仕組み。こうして、“新しいジュースの楽しみ方”を提案しているのだとか。

現時点では、コーラ、オレンジ、レモン、炭酸水の4種類を用意。

サイズが小さいため、輸送コストを抑えることができるのが最大のメリット。通常のペットボトル1,500本分の輸送費で、30,000個も運ぶことができるそうです。つまり、輸送能力は20倍!

かさばらないので、キャンプなどのアウトドアで大活躍するかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Easy Soda

関連記事リンク(外部サイト)

ペットボトルで家づくり!パナマの「リサイクル村」が話題に

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。