体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

共用スペースが充実 ソーシャルアパートメントでの暮らしとは?

113255_main

「自転車と暮らす」というコンセプトを元にデザイン設計がされた「ソーシャルアパートメント」が、5月に二子玉川でオープンし、オープン時点で入居率90パーセントという人気ぶりだという。今回、実際に入居者の方と話ができる内覧会が開催されるということで、その魅力と人気の理由を探りに、「NEIGHBORS二子玉川」へ向かった。

使い方は人それぞれ。「共用スペース」が魅力的な「ソーシャルアパートメント」

二子玉川駅からバスで約6分のところに、「NEIGHBORS二子玉川」はあった。外観は一般的なマンションのようだが、中に入ると丸い形をした大きな共用スペースがあるのが特徴的。この物件はもともとある会社の社員寮で、この丸い共用スペースは入居者が食事をする場だったという。【画像1】「NEIGHBORS(ネイバーズ)二子玉川」の外観・入口(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像1】「NEIGHBORS(ネイバーズ)二子玉川」の外観・入口(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

内覧会もまずこの共用スペースで、「NEIGHBORS二子玉川」を運営する株式会社グローバルエージェンツ代表取締役 山崎 剛氏のプレゼンテーションから始まった。【画像2】ソーシャルアパートメントについて説明する山崎 剛氏(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像2】ソーシャルアパートメントについて説明する山崎 剛氏(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

「ソーシャルアパートメントの大きな魅力の一つが『共用スペース』があること。まるでカフェ、レストランのような広々とした空間をいつでも自由に使える。本を読んだり、勉強をしたり、複数人で食事やお酒を楽しんだり。住んでいる人が使い方を自由に発掘できる。入居者にはフリーランスの方も多いが、そういう方々にとっては日中この空間を独り占めできるというのは、かなり魅力的だと思う」と、山崎氏。またこのスペースの清掃は専門業者が定期的に入るため、常に綺麗に保たれるとのことだ。

どうして二子玉川?「NEIGHBORS二子玉川」の特徴

続いて「NEIGHBORS二子玉川」の説明へ。「開発が目覚ましい二子玉川という街は、昔ながらの高島屋などもありつつ、楽天のオフィス移転、蔦屋家電のオープンなど、先進的なものをどんどん取り入れているところがソーシャルアパートメントのような“新しい住み方”との親和性も高いのでは、と思った」と山崎氏。多摩川まで近くて気持ち良いサイクルロードもあり、また、「自転車」というものが社会的なホットトピックとなっているということもあって、デザイン的なモチーフとして「自転車と暮らす」ということをコンセプトに設定したという。

1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会