体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

挑め、新興国ビジネス!「タイガーモブ」で海外インターンシップに挑戦しよう

挑め、新興国ビジネス!「タイガーモブ」で海外インターンシップに挑戦しよう

ただ、海外を旅するだけじゃ物足りない!もっと現地のリアルを知りたい!

そんな方にオススメなのが実際に海外の企業で働くことができる海外インターンシップ。

今回は中でも、主に成長中の新興国を中心にインターンシップを紹介している「タイガーモブ」の海外インターンシップについて紹介します。

 

海外インターンシップとは

0B9A8166

海外インターンシップとは、その名の通り海外で行うインターンシッププログラムのことです。

日本のインターンシップは”サマーインターン”を代表に1日〜1週間程度の短期間が多く表面的と言われてます。

一方、海外のインターンシップの場合は2週間〜1年間と比較的長い期間、海外の企業で働く社員さんと一緒の目線で実践的なビジネスに携わることができます。

また会社の規模、業界分野も多種多様で、自分の興味にあった企業で働くことも可能で、企業によっては有給のプログラムもあります。
海外インターンシップに参加すると得られるメリットについてはこちらを参考にしてください
海外インターンに挑戦して得られる5つのメリット | TABIPPO

 

タイガーモブの特徴

image_02

photo by www.tigermov.com

中でも特にタイガーモブはアジアなどの新興国を中心とした地域でのインターンがほとんどです。

海外インターンシップというとアメリカやカナダ、ヨーロッパなど欧米でのインターンシップがイメージされますが、タイガーモブでは「伸びているマーケットに身をおいてほしいという想い」をもとにアジア新興国を中心にアフリカや南米等のインターンシップを提供しています。

エネルギーに溢れた新興国でバリバリ働いてみたいという方は下記のリンクからご相談ください!

 

*下記バナーをクリックするとLINEで個別に相談ができます。

スクリーンショット 2016-05-29 18.59.50

 

出発までの流れ

0B9A7971

①LINEで気軽に相談!

まずはTABIPPOとタイガーモブが運営しているLINE@に登録して、「期間」や「渡航先」、その他様々な疑問を解決していきます。そして、一緒に自分にあった企業を探していきましょう!

 

②企業様との面談

企業が決まったらインターンシップ受け入れ先企業の担当者の方と面談をして頂きます。

基本的にはSkype通話により面接を実施しますが、日本に支社がある企業様や、担当者様が一時帰国されているタイミングによっては対面での面談になる場合もあります。

 

③受け入れ先決定!

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy