体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

停電も水不足も頻繁に起こる「キューバ」に私が惹かれる理由

停電も水不足も頻繁に起こる「キューバ」に私が惹かれる理由

昨年アメリカとの国交が半世紀ぶりに回復し、今年に入ってアメリカ・オバマ大統領訪問、ローリングストーンズのコンサート開催、シャネルのファッションショー開催と、止まっていた時計の針が一気に動き出した国・キューバ。

4657882478_df026149d2_b

photo by b+c+c+f

そんなキューバを昨年5月に訪れてキューバの虜になった筆者が、さらにキューバを知るためにキューバに留学経験のある、日本人ラテンシンガーでダンスのインストラクターもされているAya Sagarra(アヤ サガーラ)さんに話を聞いてきました。

Ayaさん(写真左)は、2011年1月から2013年5月までの2年5か月、音楽とダンスの勉強のためにキューバ・ハバナに留学し、今は夫であり、キューバ音楽デュオ「Ex corde」のパートナーであるキューバ人のYaxell(ジャセル)さんと子どもの3人で日本で暮らしています。そんなAyaさんにキューバに住んだ日本人だからこそわかる、キューバの魅力を語ってもらいました。
あや2

photo by Aya Sagarra

 

地球の裏側で起こったことまで心配するキューバ人

Cuban_boys

photo by Jplavoie

――ずばり、留学してみて分かったキューバの魅力とは何でしょうか?

Aya Sagarraさん(以下 Aya):人が温かいことですね。私が留学したばかりの2011年3月、キューバにいる時に日本では東日本大震災が起きました。キューバ人にとっては地球の反対側での出来事のはずなのに、私が日本人だとわかると「家族は大丈夫?」「日本は大変だね」とみんながすごく心配してくれたんです。留学中、困っていると幾度となく助けてくれたキューバの人たちですが、そんなところにも人の温かさを感じました。

 

――確かに人が温かいことは、筆者がキューバに行った時にもとても印象的でした。他にも「人」にまつわる印象的なエピソードはありますか?

Aya:キューバで長距離バスに乗った時のことです。ハバナからサンティアゴ・デ・クーバの移動で現地の人しか乗らない長距離バスに乗ったのですが、バスは中国製のバスで、車内は赤ちゃんからお年寄りまで乗って満員。

そんなバスで約16時間移動したのですが、途中で1歳にも満たない赤ちゃんが泣きだしてしまうんです。新米ママは満員の車内でどうすることもできず、あたふたしていると、周りの人たちが協力して赤ちゃんを泣き止まそうとしたのです。

男性が子供を笑わそうとしたり、離れた席からおばさんが出てきて子供をあやしたりして、みんなの力で子供が泣き止むと車内が歓声に包まれました。新米ママのピンチに、みんなで助け合う姿が非常に印象的でした。

そんな助け合いが根付いているキューバでは「子供は国の宝」という考えが浸透し、みんなで育てる習慣があるそうです。

 

時間が止まったからこそ生まれた「奇跡の街並み」

pixta_17989843_S
1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。