体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

みんなに応援される旅を作る5つのコツ

みんなに応援される旅を作る5つのコツ

南米大陸を一人で、人力で(エンジンを一切使わず)横断する旅「ダンシングアクロスザアマゾン」という企画があります。

企画者の名前は宮川 竜一。実は彼にとって、南米大陸への挑戦は2度目。1度目は約7年前、19歳のときにアマゾン川の上流部分を1,000kmほど、単独、イカダで下るという旅でした。

 

旅そのものだけでなく、企画段階からすべて一人での挑戦だった1度目に比べて、今回は多くの人に応援されました。クラウドファンディングで目標額の100万円を上回る130万円を集め、友人に日本事務局を任せ、最愛の彼女も日本で彼の無事を祈ります(そして、南米で一時合流する)。

これだけ多くの人に愛され、共感され、支えられたことには、きっと秘密があるはずだと思い、帰国直後の宮川さんにお話を聞いてきました。

 

ダンシングアクロスザアマゾンとは?

11696273_848685728502128_1254693061468283555_o

南米大陸の左端から右端までの約7,500kmを、徒歩とカヌーとイカダだけで旅をし、アマゾン河を大冒険しながら、毎日ダンスをする企画です。旅の様子やダンスシーンを自身で撮影し、ドキュメンタリー映画を作ります。

構想・準備期間は5年間、旅がはじまって1年間は徒歩で、もう1年間は手作りのイカダと、現地調達のカヌーでアマゾン河を下りました。旅をしながら、仲間に犬、リャマ、牛のほか、オウムや猿などが加わります。

 

漫画のような旅の様子は別の記事でご紹介するとして、今回はダンシングアクロスザアマゾン(Dancing Across the Amazon 以下DAA)が生まれ、多くの支援者が集まった背景を読み解いていきます。

ここからは、宮川さんの言葉を中心に。

 

自分にしかできないことを

10644357_957282284309138_1411738924659817291_o

自分自身の夢を実現する為なのに、たくさんの方から130万円もの資金が集まりました。嬉しさの反面、そのことがなんだか不思議に思えたんです。

そして、他の誰にも出来ないことを企画し、実行することが出来れば、つまりは世界でオンリーワンの旅をデザインすることが出来れば、そこに人は価値を見いだし、応援してもらえるのだと気付きました。

 

当時あったのは、まずアマゾンへの冒険を再挑戦したいという夢。そして、その様子を映画にして、旅の感動を表現したいという思いでした。

僕は初めから海外の方にも映画を見てもらおうとを考えていたのですが、海外にはアマゾン、冒険、映画、ここまでの要素をかけ算した作品はすでにたくさんあるんです。

 

まずはそれらを全て見て、研究します。そしてそれらの作品に共通して”無い”要素で、なおかつ自分には”ある”ものを探します。

そこで僕が目をつけたのが、大学で四年間勉強した演劇と、以前メキシコのナイトクラブで披露した時にみんなが喜んでくれた、ダンスでした。

こうして、アマゾン×冒険×映画×演劇(クラウン/道化師)×ダンスというDAAの原型ができあがりました。

 

共感されるために、わかりやすく

10435541_752444528126249_1010402622453204183_n
1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。