ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アートギャラリーの入り口に置かれた「砂文字」。その意味が深い・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベルリンの、とあるアートギャラリーの入り口に大きな砂文字のアートが飾られました。まるでギャラリーへの侵入を妨げるように置かれています。

なぜ、こんな邪魔になる位置に?そのヒントは砂に書かれている文字にありました。

「The only way to walk for ward is to erase your own history」

(未来に進むためには、過去を捨てなくてはならない)

ギャラリーを訪れた人々はこの文章を読んで、どういう行動に出たでしょう?

砂文字を壊さないように迂回する人。

文章をじっくり読んでから、踏んでいく人。

ためらわずに上を歩く人。

なかには、ダイブする人も。

この作品を製作したのは、juan arataというベルリンで活動しているアーティストです。

私たち人間はどこへ行くのか?私たち人間は何者なのか?

私たちは人類の未来をより良くするために、この答えを探しています。

進むのか、戻るのか。あるいは迂回するのか。人の生きた後には何が残るのか。

この疑問に対してより多くの回答を得るため、彼はこの作品を通して問いかけていたのです。きっとこの作品を見たすべての人が、同じく自分に問いかけたことでしょう。見る側に答えを委ね、結果を観察するというインスタレーションだったのです。

Licensed material used with permission by Juan Arata

さぁ、あなたならどう歩く?
どんどん歩きます
よけながら歩くかも…
ダイブしちゃう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP