ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年で7回目を迎えた「One of Love プロジェクトGIG」、たくさんの笑顔に包まれた一夜

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月21日「世界音楽の日」と聞けば、今や恒例となった感すらある「One of LoveプロジェクトGIG」だが、今年で早くも7回目を迎えた。

タイトルには「途上国の子供たちに未来の仕事を贈るプロジェクト」と記されている。夏木マリ、斉藤ノヴが当プロジェクトを立ち上げてから8年。途上国支援の活動は、赤いバラ「マリルージュ」の収益と毎年6月21日に行うGIGによって、さらなる広がりを見せている。

夏木マリ、華原朋美、シシド・カフカ、土屋アンナ、LiLiCoによるコーラスユニット、and ROSEs。6月8日にリリースされたシングル「紅のプロローグ」は、東北復興への願いを込めた楽曲で「One of Loveプロジェクト」に関わるすべての人たちのテーマソングとなっている。この日のステージで初披露されたその歌は、やさしくて、あたたかくて、否応なしに聴き手の心を震わせる力強さに満ちていた。

今回のステージにも、主旨に賛同した華やかな顔ぶれが揃った。仲井戸“CHABO”麗市、ichiro、TOSHI-LOW(BRAHMAN/OAU)、ゴスペラーズ、そしてもちろんand ROSEsの面々。ライブ全編を通じて、<One of Love Special Band>として末松一人(Gt)、宮崎裕介(Key)、山内陽一朗(Dr)、石田純(Ba)、斉藤ノヴ(Per)という頼もしいメンバーが極上のサウンドプロダクションを担う。

トップバッターのLiLiCoがパワフルなパフォーマンスを披露し、会場の温度を一気に押し上げた。そこからはまさしく怒涛のような展開だ。出演者それぞれの持ち時間はほんの2曲分だが、そこに個性と情熱をぎゅっと濃縮しているものだから、流れる時間は実に濃密。満員のオーディエンスは時に極上の歌声に聴き入り、時に軽やかなMCに笑い、人によっては新しい音楽にも出会っただろう。中盤、ゴスペラーズのハーモニーと斉藤ノヴのうごめくリズムが融合したとき、会場は文字通り揺れた。まごうことなき音楽の喜びが、そこにはあふれていた。音楽で世界を救うことはできないかもしれない。だけど、音楽は確かに人の心を動かせる。その心が笑顔の花を咲かせたら、世界はきっと、ずっと良くなる。「One of Loveプロジェクト」の本質は、そんな音楽の力に裏打ちされているのだろうなと、この日のGIGを通じて心底そう思えた。

and ROSEsの「紅のプロローグ」も、ラストに全員で歌ったピースフルな「One of Love」も、これからさらに多くの人の想いが重なって、より深い愛をたずさえた歌になっていくだろう。そうやって、音楽は続く。そうやって、「One of Love プロジェクト」は続く。毎年おとずれる<世界音楽の日>に、また同じ笑顔で会えたら幸せだ。

リリース情報
2016年6月8日(水)発売
シングル「紅のプロローグ」
初回限定盤(CD+DVD)WPZL-31185/6 1,666円+税
通常盤(CD)WPCL-12367 1,111円+税

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP