ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleに対抗?”血糖値計測+投薬”可能なスマートコンタクトレンズが開発される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google社が涙で血糖値を測定可能なスマートコンタクトレンズを開発したことは記憶に新しい。

今回、同社に対抗する新たなライバルが出現した。韓国の浦項工科大学校のSei Kwang Hahn教授率いる材料科学・工学研究グループだ。

内蔵のセンサーで血糖値を測定

同研究グループが開発したスマートコンタクトレンズは、涙で血糖を測定する生体センサーを搭載。Google社のスマートコンタクトレンズとは異なり、スマートメガネがセットになっており、双方を装着して初めて糖尿病管理ツールとしての役目を果たすことになる。

生体センサーが眼球からの信号を検出すると、その信号を付属のスマートメガネへと送信。涙液中のグルコース値に基づき、血中グルコース値が推定される。

・投薬も可能

今回、血中グルコース値を測定するセンサーに加え、投薬を可能にする「MEMSシステム」を搭載。これもGoogleのスマートコンタクトレンズと異なる点のひとつである。

スマートコンタクトレンズに内蔵された2つの電極のうち、陽極の内部に薬剤保管スペースを設置。電圧がかけられると、その薬剤保管スペースから薬剤が放出される仕組みとなっている。

・錆び付かない

グルコースがグルコースオキシダーゼと結合した時、過酸化水素が発生。そして、電流を発生させる電極の酸化が始まる。

そこで、電極の酸化防止策として考え出されたのが、薬剤が保管されている陽極を金の薄膜で被覆するという方法だ。電気が流れても、塩化ナトリウム水溶液中の塩化ナトリウムと反応し、塩化金が生じるのみで錆び付く恐れはない。

スマートコンタクトレンズを連続3週間使用した実験では、強い電流を維持しつつも、レンズの腐食は見られなかったそうだ。

・ワイヤレスでの充電可能

スマートコンタクトレンズの動力源となっているのは、Wifiをさらに進化させた「Witricity」だ。

スマートコイルレンズには受信コイル、一方でスマートメガネには送信コイルを内蔵。双方のコイルが互いに通信し合うことにより、ワイヤレスでの充電が可能となる。

今後、糖尿病のみならず、あらゆる病気に適用可能なナノ診療装置へと改良予定。

Smart Contact lens and Smart Glasses

 

 

 

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。