ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

俳優・綾野剛、表紙撮影にたったの○○分?!蜷川実花さんのコメントにファン「さすが」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


AERA(アエラ) 2016年6/27号
Fujisan.co.jpより

フォトグラファーの蜷川実花さんが22日、自身のInstagramで俳優の綾野剛さんが表紙をつとめる「AERA」最新号の表紙撮影時のエピソードを投稿し、話題になっています。

 

6月25日公開の映画『日本で一番悪い奴ら』で主演をつとめる俳優の綾野剛さんが朝日新聞出版発行の「AERA」の表紙に登場しました。表紙には、黒いシャツ、スーツに身を包み自らを抱きしめるようなショットを披露しています。

 

Instagramより @ninagawamika

 

10分でイケメンはできる

表紙を撮影した蜷川実花さんは「今週のAERAは綾野剛くん。ビシッとしてていいかんじ。10分くらいで撮影終わっちゃったのよね。すぐ決まったから」と表紙の撮影に10分しかかからなかったことを自身のInstagramでコメント。

 

この投稿に対しファンは「めちゃくちゃ早いですね!!!」「はやい!笑」「さすが」といった撮影のスピードに驚きを見せるコメントが多数寄せられています。中には「俺は剛くんより、沖縄の問題の方が気になります。」「この綾野剛君の顔と、見出しの文がめちゃめちゃ合ってます」といった『沖縄を他人事だと思っていませんか』の大きなコピーと綾野剛さんの表情についてコメントする人の姿も。

 

綾野剛さんが表紙をつとめる「AERA(アエラ) 2016年6/27号」は6月20日発売です。

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。