体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビール、みそ、納豆…できたてが味わえる無料の工場見学6選【東海】

ビール、みそ、納豆…できたてが味わえる無料の工場見学6選【東海】

最近おでかけの人気スポットにもなっている工場見学。

“できたて”や“搾りたて”を味わえるのは製造現場の魅力ですよね!

そこで今回は東海エリアの、“できたて”や“搾りたて”が味わえる食品工場をご紹介!

鮮度抜群の生ビールが無料で味わえるアサヒビール名古屋工場、お土産がもらえるうなぎパイファクトリーなど見学が無料なのでお財布にも嬉しいですよね。

さらに併設のカフェやレストランでは限定メニューや、まさに工場直送の新鮮グルメも味わえちゃいます。

納豆のバイキングって…気になる!

おいしさを熟知した作り手が自信を持っておすすめした味。現地で食べると普段の何倍もおいしく感じること間違いなしですよ!

1.アサヒビール名古屋工場【愛知県名古屋市】

余分な雑味や苦みの少ないできたて生をグビグビ♪

●生ビール(スーパードライ)

アサヒビール スーパードライ ドライプレミアム豊醸やドライブラック、時期によって新商品の試飲も。老舗料亭「なだ万」とコラボしたおつまみ付き

中部地区で消費されるスーパードライやドライプレミアム豊醸を中心に製造するアサヒビール名古屋工場。見学ツアーでは原料の麦芽の試食、発酵・熟成タンクや缶詰の製造ラインを案内。見学後はプロが注ぐビールを1人3杯まで味わうことができます。

工場見学

アサヒビール 工場見学1

仕込みやろ過の工程、パッケージングラインなどをガイドしてくれる。高さ20mのビールタンクが間近で見られるのは名古屋工場だけ!

アサヒビール 工場見学3 アサヒビール 工場見学2

目からウロコ!

タンク1本の貯蔵量は400㎘。350㎖缶に換算すると110万本分で、1日1本飲むと飲み干すまでに3100年かかる!

売店

アサヒビール 売店1

ビール使用のお菓子やビアグラスなど、限定グッズがたくさん。一番人気は試飲会場で配られる「なだ万」のおかき8袋入850円

アサヒビール 売店2 ビールとブランデーを使った木樽入りビールケーキ1290円 アサヒビール 売店3 工場限定のスーパードライビン型栓抜き600円

工場見学DATA

TEL/052-792-8966(9時~17時)

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会