ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビール、みそ、納豆…できたてが味わえる無料の工場見学6選【東海】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近おでかけの人気スポットにもなっている工場見学。

“できたて”や“搾りたて”を味わえるのは製造現場の魅力ですよね!

そこで今回は東海エリアの、“できたて”や“搾りたて”が味わえる食品工場をご紹介!

鮮度抜群の生ビールが無料で味わえるアサヒビール名古屋工場、お土産がもらえるうなぎパイファクトリーなど見学が無料なのでお財布にも嬉しいですよね。

さらに併設のカフェやレストランでは限定メニューや、まさに工場直送の新鮮グルメも味わえちゃいます。

納豆のバイキングって…気になる!

おいしさを熟知した作り手が自信を持っておすすめした味。現地で食べると普段の何倍もおいしく感じること間違いなしですよ!

1.アサヒビール名古屋工場【愛知県名古屋市】

余分な雑味や苦みの少ないできたて生をグビグビ♪

●生ビール(スーパードライ)

ドライプレミアム豊醸やドライブラック、時期によって新商品の試飲も。老舗料亭「なだ万」とコラボしたおつまみ付き

中部地区で消費されるスーパードライやドライプレミアム豊醸を中心に製造するアサヒビール名古屋工場。見学ツアーでは原料の麦芽の試食、発酵・熟成タンクや缶詰の製造ラインを案内。見学後はプロが注ぐビールを1人3杯まで味わうことができます。

工場見学

仕込みやろ過の工程、パッケージングラインなどをガイドしてくれる。高さ20mのビールタンクが間近で見られるのは名古屋工場だけ!

目からウロコ!

タンク1本の貯蔵量は400㎘。350㎖缶に換算すると110万本分で、1日1本飲むと飲み干すまでに3100年かかる!

売店

ビール使用のお菓子やビアグラスなど、限定グッズがたくさん。一番人気は試飲会場で配られる「なだ万」のおかき8袋入850円

ビールとブランデーを使った木樽入りビールケーキ1290円

工場限定のスーパードライビン型栓抜き600円

工場見学DATA

TEL/052-792-8966(9時~17時)

開催日時/指定日の9時30分~15時

料金/無料

予約/希望日の前日までに電話or前日の正午までにWEBにて要予約(下記にリンクあり)

受付人数/2名~

所要時間/約1時間15分 アサヒビール名古屋工場

住所/名古屋市守山区西川原町318

定休日/不定、年末年始

アクセス/電車:JR新守山駅より徒歩15分

駐車場/10台(要予約)

「アサヒビール名古屋工場」の詳細はこちら

2.うなぎパイファクトリー【静岡県浜松市】

“夜のお菓子”うなぎパイが甘~いスイーツに変身!

浜松銘菓「うなぎパイ」の製造工場で、焼き上げや包装の様子が見学できます。自由見学は予約不要。ガイド付きツアーと工場の謎を解きながらまわるスマイルツアー(土曜のみ)は電話にて要予約。

うなぎパイカフェ

’15年7月にカフェがリニューアル。うなぎパイをアレンジしたスイーツが楽しめる。

●4種のうなぎパイ&メルティングショコラセット 1834円

4種のうなぎパイが食べ比べできる。ホットチョコレートと相性抜群!

工場見学

1961年の創業当時から職人が生地を作る。見学コースでは生地の焼き上げや包装の様子が見られる。お土産はうなぎパイミニ

目からウロコ!

表面に塗るタレにはなんとニンニクを使用!調合のレシピは数名の熟練した職人だけが知る、まさに秘伝のタレ!

売店

定番のうなぎパイをはじめ、生菓子なども販売しています。割れせんならぬ割れうなを集めたお徳用パックも人気です。

うなぎパイナッツ入り8本981円~

移動カフェ「うなくん号」

工場入口に登場する移動カフェ。オリジナルのスイーツやドリンクなどを購入できます。 ※雨天の場合は休み。

うなくんアイスもなか1個360円

工場見学DATA

TEL/053-482-1765(9時~17時)

開催日時/毎日9時30分~17時30分

料金/無料

予約/不要(ツアーは要予約)

受付人数/1名~

所要時間/約40分 うなぎパイファクトリー

住所/静岡県浜松市西区大久保町748-51

営業時間/9時30分~17時30分(7・8月は~18時)※LO各30分前

定休日/不定

アクセス/車:東名浜松西ICより20分

駐車場/30台

「うなぎパイファクトリー」の詳細はこちら

3.天領酒造【岐阜県下呂市】

清廉な地下水で仕込む芳醇でキレのある銘酒。

●本醸造生貯蔵酒「天凉」、他

淡麗辛口の夏限定酒「天凉」や甘口のスパークリング日本酒「すますま」など5~6種が試飲できる

1680年創業の蔵元。地下30mから汲み上げる良質な水と飛騨特産のひだほまれを自家精米して酒を仕込んでいます。釜場や仕込み蔵、貯蔵タンク、瓶詰めを見学したらできたての日本酒を試飲しよう。

蔵見学

米が発酵した酒蔵特有の匂いが漂う仕込み蔵や新酒を貯蔵する巨大タンクなど、酒造りの現場をスタッフが案内

目からウロコ!

米のふくよかな香りが特徴の「大吟醸天領」は、日本航空国内線ファーストクラスでも提供されているんだとか!

売店

試飲をしながら好みの日本酒を探そう。季節によって登場する新酒は見逃さないで!

(左)女性に人気の「すますま」250㎖486円、(右)本醸造生貯蔵酒「天凉」720㎖1258円

蔵見学DATA

TEL/0576-52-1515

開催日時/月~金の9時~12時、13時~16時

料金/無料

予約/電話にて要予約

受付人数/1名~

所要時間/約30分 天領酒造

住所/岐阜県下呂市萩原町萩原1289-1

営業時間/8時~17時

定休日/土日祝

アクセス/車:JR飛騨萩原駅より徒歩8分

駐車場/1台

「天領酒造」の詳細はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

ブーム到来!?おしゃれ女子必見!自然派ご当地コスメ5選【関東・東北】
【福岡県】つづら棚田・八女中央大茶園・志賀島など一度は訪れたい絶景スポット
食べ歩きが楽しい飛騨高山。古い町並近くで味わう和スイーツ6選【岐阜】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP