体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4人の子ども、そしてシングルマザー。40歳のブロガーが気づいた「私の人生」って?

Elephant Journal」で紹介されたのは、4人の子供を持つ、40歳シングルマザーのリアルなブログでした。

「40歳は、20歳の時と同じくらい私の人生にとって1つの節目なのかもしれない」。そう気づき、もっと自分らしく生きようと決めたDebbi Serafinchonさん。多くの人が共感した、その内容とは?

長い眠りから
目覚めるような「40歳」

4人の子ども、そしてシングルマザー。40歳のブロガーが気づいた「私の人生」って?

40歳になると、私達の心の奥深くで、何かしらの変化が起こり始めます。30代までとは違う角度で世界を見るようになり、考え方ももっと鮮明になります。これは長い眠りから目覚める感覚で、魔法のような変化が始まる瞬間でもあります。

この年齢になると、自分の子供が自立して活動の場を広げていることや、昔と同じようには自分を必要としていないことに気付きます。彼らは、私達が教えた理想やルールから抜け出すことを望んでいます。彼ら自身で何かを始め、彼ら自身のやり方で社会に影響を与えようとしているのです。

その姿は、私たちの若い頃にそっくりですよね。

雑誌に書いてあった
「自分の時間を作ろう」。
思わず笑ってしまったわ

そして、山のような洗濯物や子供の世話など、今まで直面してきたどんな物事よりも大変なことが自分の人生に存在することに気がつくのです。私自身も大人になってからのすべての時間を、大学、仕事、旦那、子供など、自分以外の何かに捧げてきました。私たちは失った自分の存在価値を証明しようと、他人のために多くの時間とエネルギーを費やしてきたのです。

2番目の子育てに追われていた時、私は「子供が寝ている間に自分のための時間を作ろう」と書かれた雑誌の記事を読んで、思わず笑ってしまったことがあります。きっと、その記事の作者には子供がいなかったのでしょう。なぜなら、当時の私は赤ちゃんが寝ている時でも、家事に追われていたからです。洗わなければいけないお皿や洗濯物は山のように積み重なっていました。(どうして小さな子供からあれだけ大量の洗濯物が出るのかは、いまだに理解できません!)

あの時、自分の時間を設けることなんて、頭の片隅にもありませんでした。子供たちが休んでいるときでも、私の生活は続いていたのです。

私たちは、知らず知らずのうちに自分を犠牲にしているのです。そしてあなたが思っている以上に多くのものを与えているのです。

ある日、突然消える
山のような洗濯物

4人の子ども、そしてシングルマザー。40歳のブロガーが気づいた「私の人生」って?

しかしある日、周囲を見渡すと、山積みの洗濯物が消えていることに気付きます。キッチンの洗い物の量も減り、自分と夫の分だけ料理を作ることが新たな日常になります。これは、自分が今までいかに自分以外の人々に尽くしてきたことを実感する瞬間です。

人生には、このような不思議な日が訪れるのです。ふいに、片づけないといけないオモチャや、面倒を見なければいけない誰かがいなくなったことに気づき、「自分のための時間を作ろう」という言葉は正しかったのかもしれない…と感じます。なぜなら、尽くさなければいけない人は、もういないから。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。