ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パワフルでレトロな「電動自転車」はいかが?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。

その名も「Super 73’」!

70年代を意識した
レトロなデザイン

その名の通り、70年代のバイクのよう。電動自転車と言えばハイテク寄りなものが多いだけに、とても新鮮です。以下の動画で、実際のスピード感を見ると、かな〜り気持ち良さげ。

高出力モーターに
大容量バッテリー搭載!

外見は懐かしくても、中身は最新機能が満載。1,000ワットの高出力モーターを採用、時速40km〜50kmで安定して走行可能。このパワフルさは250ccのバイクと同等なので、日本の公道で走るのはかなりハードルが高そうです。

駆動を支える大容量のリチウムイオンバッテリーは、4時間でフルチャージできて、距離にすると30kmまで足を伸ばせます。盗難防止のロック付き。

スピードやバッテリーの残量は、液晶ディスプレイで一目瞭然。左手のボタンで加速や減速も簡単にコントロールできます。

どんな場所でも
楽々走れる走破力!

幅10cmの太いタイヤで、写真のようなオフロードも楽々走行。海岸だって爆走できます。

しかもブレーキは、安心のディスクタイプ。高速走行からもしっかり止まることができ、抜かりなし。

これぞ遊び心!
カップホルダーがいい

ちょっと一息つきたいときのためのカップホルダーが標準装備。さらになんと栓抜きまで。遊び心が光りますね。ノドが乾いたら冷たいコーラを買ってグイッと一気飲み!

「Super 73’」は、現在Kickstarterで支援を募集中。日本へはシッピング込みで2,400ドルほど(約25万円)で、デリバリーは2016年10月を予定。好きなカラーを選べる限定コースもあるようです。最高に遊べる1台になってくれそうじゃありませんか?

Licensed material used with permission by Lithium Cycles

関連記事リンク(外部サイト)

海外セレブの間でブームの兆し! 男なら絶対に欲しくなる水陸両用車のお値段とは?
はじめまして。スリムな「電動アシスト付き」自転車です

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP