ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

けずって、みがいて、つくるカトラリー。DIYは「ひとてま」を楽しむ時間

DATE:
  • ガジェット通信を≫

手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。

「あこがれはあってもとっかかりがない」とか「どこから手をつけて良いものか」、といった人たちに向けたスターターキットに最適なものを見つけました。大切な人のためのDIY、それが自分のためでもあるんです。

自分でつくる木の道具を
ちょっとだけアシストする

DIYになかなか踏み出せずにいる人、もしくは工具を揃えたはいいが、実際に手をつけようとして二の足を踏んでいる人。その多くは、「どこから手をつければいいか」に悩んでしまう。では?

そもそも、何にしたってゼロからモノを生み出していくことって大変なこと。たとえ設計図があったとしても。例を挙げるならば木製のカトラリー。角材から削り出していくのは、DIIY慣れした人ならともかく、“初めて”で挑むには少々ハードルが高い。

では、もしもノコギリも要らず、ぱちっと木枠から外すだけで、あとは道具と格闘しながらもスプーンがつくれるとしたら……。それができちゃうのが、自分の好きなかたちに、けずって、みがいて、つくる木のカトラリー「ヒトテマキット」です。

木枠から、ぱちっと外して
削って、みがいて

暮らしを自分でつくる人のための、国産材にこだわったオンラインショップ「みんなの材木屋」から販売されている、ヒノキのカトラリーキットに注目しました。

子ども用のお箸からスプーン、フォーク、バターナイフなど全15種類。写真の通り切り込みが入っているから、木枠から外すだけで、すぐに削っていくことができるというもの。もちろんノコギリも不要だし、テーブルの上だけで作業ができる点もDIY初心者にはうってつけ。

だけど、何から道具を揃えてよいものか。という人のために、必要3点セット「はじめるキット」(税込1,080円)の用意もあります。クラフトナイフ、刃先が丸型の彫刻刀、それと粗細両方のサンドペーパー、基本の道具はこの3つ。

あとは使う人や目的に合わせて、つぼ(すくう部分)や柄を削って、みがいていくだけ。

「みんなの材木屋」店長のマイコさんは、DIYしたスプーンで子どもたちが喜んで使ってくれる姿に、「ちょっと使いにくそうだな。もう少しあそこを削ってあげようかな」とその都度、微調整を加えてあげることができる点をメリットにあげています。こうした手間も慣れてくると心地いいもの、と。

これが完成のイメージ。ここまで上手くいかないことだってあるはず。けれど、それも楽しみのうちでしょ?デザートスプーンは2本セットで810円(税込)、サーバーフォークだって1,040円(税込)とお手ごろなので、「もう一回!」といった具合に何度リトライしたってOK。

これも大事なポイント。材料に使用されるヒノキは、間伐材から建材として利用された、さらに残りの端材でつくられたもの。ひとつとしてムダがないというのもいいでしょ?

暮らしのなかの“ひとてま”は
しあわせをつくる時間です


1日のうちの数十分、1週間のうちの数時間、時間をつくってものづくりにあたる。お気に入りの音楽をかけて、淹れたてのコーヒーを用意して、誰かの「おいしい!」を想像しながら、じっと木と向かい合う。

こうした暮らしのなかの“ひとてま”が、しあわせをつくる時間だとマイコさん。「つくる」が暮らしの一部になり、自分とも向き合うひとときになっていく。この「ヒトテマキット」からはじまるDIYが、ステキな自分時間のつくりかたまで教えてくれる気がしませんか?

Licensed material used with permission by みんなの材木屋

関連記事リンク(外部サイト)

小さなおうちに大きな夢。物欲そそる「アーチ型」のタイニーハウス

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP