ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

J・J・エイブラムス監督、スタートレック俳優アントン・イェルチンの死を追悼、「とても輝いていた」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J・J・エイブラムスは、アントン・イェルチンが週末に急死したことを受け、心からの敬意をTwitterに投稿した。

エイブラムスは、「君はとても輝いていた。優しく、面白い人でした」と書き、「そしてもうここに君はいない。寂しいです。JJ」と綴った。



27歳のイェルチンは、6月19日(現地時間)の早朝、ロサンゼルスの自宅で死亡しているのが発見された。彼は、車と郵便受けの間に挟まれており、不慮の事故に巻き込まれたようだ。

エイブラムスは、監督を務めた2009年のリブート版映画『スター・トレック 』と2013年の映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』でイェルチンを起用した。

イェルチンはロシア人隊員のチェコフ役を演じていた。

7月22日に公開されるシリーズ最新作、映画『スター・トレック BEYOND』を監督したジャスティン・リンも「ショック」だとコメントした。

リン監督はソーシャル・メディアで「安らかに眠ってください、アントン」「その情熱と熱意は、君と知り合う幸運に預かったすべての人の中で生き続けます」と、書き込んだ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP