ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「99.9」打ち上げ撮 松本潤、最後のスピーチで会場静まる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最終回(6月19日)の視聴率は今年の民放連ドラ最高の19.1%。その翌日、ドラマ『99.9 ─刑事専門弁護士─』(TBS系)の打ち上げパーティーが開催された。スピーチに立った松本潤(32才)は、感慨深げにこう語った。

「この作品にみんなで取り組めたことは、何より宝だと思っています。本当にこんなに楽しい現場はなかったと思います。そんな雰囲気を作ってくれた共演者とスタッフの皆さんに感謝しています。また一緒に、“9”が3つ並んでるドラマやりましょう!」

 松潤演じる弁護士・深山が、やり手弁護士の佐田(香川照之、50才)、エリート育ちの立花(榮倉奈々、28才)とタッグを組んで、有罪確率99.9%といわれる刑事事件の弁護に挑むリーガルドラマ。手に汗握るストーリーはもちろんのこと、さまざまなシーンにちりばめられた小ネタが話題を呼んだ。

 松潤と敵対する検事・丸川役の青木崇高(36才)が本ドラマの放送中に優香(35才)との結婚を発表したことでも注目を集めた。

 1次会のスタートは夕方6時半。メーンキャストはもちろん、片桐仁(42才)や奥田瑛二(66才)、岸部一徳(69才)らそうそうたる顔ぶれが集まり、シャンパンやワインボトル、ハイボールがどんどん運ばれていった。

「撮影中のNG集が流されたりして、みんな大爆笑でした。途中、出演者が順番に挨拶に立ったんですが、盛り上がったのは青木さんの時。ちょいちょい“優香ー!”ってガヤが入ったりして(笑い)。出演者のLINEグループがあって、結婚を発表していちばん最初に“おめでとう!”ってお祝いメッセージを書き込んでくれたのが松本さんだったらしくて、すごくありがたかったって話してましたね」(ドラマ関係者)

 大盛り上がりで予定を1時間近くオーバーして2次会会場のダイニングカフェに移動した。

「2次会にも80人くらい参加してましたね。驚いたのが、1次会だけで帰った出演者がほとんどいなかったこと。“終わってほしくない”って感じがすごい伝わってきて、撮影中の思い出話が尽きないようでした。2次会の最後に、榮倉さん、香川さん、松本さんの順に挨拶したんですけど、特に松本さんはベロベロ。だけど、みんなへの感謝を話すと会場もシーンとして、松本さんが座長のドラマにかかわれてよかったって思えるラストスピーチでした」(前出・ドラマ関係者)

 それでも飽き足らず日付が変わる頃に一行はカラオケでの3次会へ。“終わらせたくない”打ち上げは深夜3時過ぎまで続いた。

※女性セブン2016年7月7日号

【関連記事】
胸を揺らしながら洗濯板で下着をゴシゴシ洗う91cmGカップ美女 
松本人志 自分の誕生会で「もう娘の顔見たいから帰るわ」
綾瀬はるか『八重の桜』打ち上げ 3次会で帰る予定が4次会へ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP