ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

離婚迫られ男「俺を人間だと思うから腹が立つ、ヤギと思え」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高齢化が進む日本社会。お年寄りが元気なのは嬉しいが、迷惑行為を繰り返すケースもあるという。神奈川県に住むパート勤務の女性Tさん(64才)が迷惑な夫の行動を紹介する。

 * * *
 単身赴任していた夫(66才)が退職して、ずっと家にいるようになったんだけど、つらいなんてもんじゃない。

 朝ご飯が終わると、ご飯茶碗の中にポチャンと入れ歯を入れて、シャカシャカとゆすいだあと、口の中に戻すんだから。かと思えば、鼻をほじった手をふきんで拭くし。トイレでは“大”を流し忘れるのに、お風呂は自分が入ったらお湯を流しちゃう。

 それでこの間は、「とてもやっていけません。退職金と年金を半分にして離婚してください」って言ったんだけど、その答えがすごいんだわ。

「オレを人間だと思うから腹が立つんだ。座敷で飼っている犬とか山羊とかだと思えばいいだろ」だって。

 なるほど。で、試しに夫に「ご飯よ」と言わず、「エサよ」と言ってみたら「おう」って普通に返事されたわ。

--一方で、シニアになってもなお、まさかな夢を追いかける男性も。福島県で飲食店を経営する女性Hさん(62才)が、夫のエピソードを披露する。

 * * *
 他人から見たら、鼻くそみたいな“過去の栄光”だけど、本人は違うのね。

 いちばん下の息子の就職が決まり、家族で食事会をしたときのこと。夫(60才)が出し抜けに、「次はお父さんの番だな。これから自分の夢を叶えたい」と言い出したのよ。

 家族がキョトンとしていると、「この顔を生かした仕事に就こうと思うんだが、どうだ?」ときたの。

「この前も街で『シニアモデルになりませんか』って声かけられたし、真剣に考えてみようと思う。思い切って俳優って道もありかな」って。

 まあ、こっちが黙っていればいい気になって、髪なんかかき上げたりしてるのよ。若い頃は、「○×町のジュリー」と言われたことがあったけど、だから?

 帰り道、息子が言うんだよね。「お袋もこれから大変だな」って。私も自分の道、探そうかな。

※女性セブン2016年6月30日号

【関連記事】
千葉出身女性「東京の次は千葉。埼玉なんか話にならねぇべ」
抜け毛男性 こっそりブラシで頭を叩いて地肌赤むけの逆効果
「寿司は別腹、ケーキは別腹」と主張の妻に夫「人に別腹ない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP