ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暖かな付け汁でいただく鴨せいろ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月21日放送の「じゅん散歩」(テレビ朝日系、午前09時55分~)では、永田町を散策する特集の中で、高田純次さんが「永田町黒澤」(東京都千代田区)を訪れた。地下鉄溜池山王駅から徒歩1分ほどにある同店は、落ち着いた佇まいの純和風建築で手打ち蕎麦が楽しめるお店だ。日本の映画監督ゆかりの店内は、内装を映画のスタッフ達が手掛けたという細部にこだわりのある店舗だ。

映画監督も好んで食べたという「鴨せいろ」は、白みの強い細身の蕎麦が上品に盛られた朱塗りのせいろと、白くぽってりとした厚みのある椀に、程よく脂の浮いた濃い色合いの鴨の出汁が良く出た暖かな付け汁でいただく1皿。熟練の職人が打つ手打ち蕎麦は、石うすでひいた自家製粉の蕎麦粉を使うこだわりよう。厚めに切られた鴨肉は食べ応えがあり、蕎麦だけでは無い食感が楽しめる。
お蕎麦をゆっくりと味わう様にすすった高田純次さんは「いい味だしてるよねぇ。」としみじみとコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:黒澤(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:永田町のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:鍋のお店紹介
ぐるなび検索:永田町×鍋のお店一覧
南千住のソウルフードが楽しめる「にくまんうどん」
江戸時代の作り方を再現した「にぎり寿司」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP