ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

南千住のソウルフードが楽しめる「にくまんうどん」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月21日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、午後16時50分~)では、再開発が進み注目される東京都荒川区南千住の魅力を探る。古き良き面影を残す商店街で、知る人ぞ知る南千住のご当地グルメを味わうため、アランさんとサヘル・ローズさんが「手打ちそば処・いし井」(東京都荒川区)を訪れた。

南千住の住民に訪ねると、みな口を揃えて答える「にくまん」なるご当地グルメ。「にくまん」とは、魚のすり身をパン粉を付けて揚げたもので、その昔、肉と思われて親しまれていたのだという。その「にくまん」を豪快に乗せた「にくまんうどん」を同店で食べる事が出来る。
頂いた二人は「おいし~い!」「食感がすごく柔らかい!すり身とは思えない。」とコメントした。元々「にくまん」を作っていたおでん種店が閉店する際、無くなってしまってはもったいないと店主が作り方を教わり作り続けているそうで、今や南千住で「にくまん」を作っているのは同店だけだという。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:手打ちそば処 いし井(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:南千住のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:南千住×和食のお店一覧
南千住のソウルフードが楽しめる「にくまんうどん」
江戸時代の作り方を再現した「にぎり寿司」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP