ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冷奴の隠し味「かんずり」の魅力! ゆず胡椒好きは必見

DATE:
  • ガジェット通信を≫

食卓にすっかり浸透した「ゆず胡椒」。ゆず胡椒愛好家の間で、今密かなブームとなっているのが「かんずり」という調味料。その「かんずり」の魅力や料理がグンとおいしくなる使い方を紹介しましょう!

「かんずり」って何なの?

かんずりは、新潟県妙高市にある「有限会社かんずり」が手掛ける知る人ぞ知る発酵調味料。

地元産の大きくて肉厚で辛さにも深みがあるかんずり専用の選び抜かれた赤唐辛子に、糀・ゆず・食塩を加えて丁寧に作られます。収穫間もない赤唐辛子を塩漬けにして寝かせた後、雪にさらして塩抜きをし、さらに糀・ゆず・食塩を加えじっくりと発酵させ旨味を増していきます。

唐辛子の苗作りから商品が出来るまで約3年もの長い期間をかけて大切に作られる発酵調味料が「かんずり」なのです。ゆず胡椒よりも旨味が強く、独特の辛味がありますよ。

かんずりの
美味しい使い方

01.
味噌汁や鍋、スープ料理に!

鍋料理のつけダレや、味噌汁の隠し味にちょっと加えるだけで旨味が増してとっても美味しくなりますよ。ピリッとした辛味は和食はもちろんエスニック料理との相性も良く、水餃子やワンタンなどのスープに少々加えて楽しむのもオススメです!

02.
そうめんや冷奴などの
薬味として!


そうめん、ざるうどんにも合うかんずり。生姜やミョウガ、大葉、細ネギなどと一緒につゆに加えて食べるだけで、シンプルないつものお料理がグレードアップ! 岩のりや大根おろしにかんずりをちょっと混ぜて冷奴にのせるだけで、とっても美味しいお酒のおつまみにもなりますよ。

03.
他にも様々な
料理の隠し味に!

餃子や春巻きの肉ダネに混ぜる、ペペロンチーノやアラビアータなどのパスタに混ぜる、生姜焼きやタンドリーチキンなどの肉料理の下味として使う、タバスコ代わりにピザに使う……などなど、他にもかんずりの使い途は実に様々。激辛ではなく旨味の強い独特の辛味は一度味わうとやみつきに!

新潟のキレイな空気と水、豊富な積雪の中で手間暇かけて作られるかんずりを使えば、今までの定番料理がもっと美味しくなること間違いなし! 発酵食品は腸内環境を整える働きが期待できるので、美容と健康にもオススメです。きっとゆず胡椒とはまた違った美味しさを発見できますよ

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。