ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

酢の力で夏バテ防止! さっぱり酢の物レシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

https://lh3.googleusercontent.com/-tOQMUA_J1DI/V2fZFRYRLXI/AAAAAAAADyA/_n6ufgb-XRgoXIxXB_G_mJV9EJ5W4wChACCo/s640/160622.jpg

酢にだしや調味料を混ぜた合わせ酢で食材をあえる酢の物。酢のさっぱりした味わいは暑い日にぴったりですし、食欲も刺激してくれます。また酢の主成分である酢酸は体内でクエン酸に変化します。ご飯や麺ものなどの糖質をエネルギーにするためにはクエン酸が必須。酢を摂取することで、このクエン酸を効率的に補給することができるのです。さらに酢にはカルシウムやミネラルの吸収を良くして、疲れのもとになる乳酸を取り除く力もあります。そんなわけで夏の疲労回復にも最適な酢の物レシピを紹介します。

●酢の物の定番といえばこれ!

https://lh3.googleusercontent.com/-g9GeQPJv7xo/V2faKbUtV6I/AAAAAAAADyU/M_XaVZY9OQsiXVbtTNNVuCVMnhb6LssMwCCo/s720/160622_01.jpg

わかめときゅうりの酢の物のレシピ | 料理サプリ

わかめには塩を振って水気をしぼり、塩蔵わかめは塩をしっかり抜くのが美味しく仕上げるポイントです。

●ネバネバ食材で疲労回復効果も倍増

https://lh3.googleusercontent.com/-d9lfUKa6Z3I/V2fZFWwx0uI/AAAAAAAADyA/mPlVUIQ6DDAYHSnmvqBcqu_o9sjSIMPNQCCo/s720/160622_02.jpg

長いもとオクラのねばねば酢の物のレシピ | 料理サプリ

長いもやオクラのネバネバは、ムチンという成分によるもの。ムチンはタンパク質の消化吸収を助けて、疲労回復の効果があります。

●市販のうなぎを使ってお手軽に

https://lh3.googleusercontent.com/-QZ21lWBZrK0/V2fZFiqic-I/AAAAAAAADyA/LhIomb3vEcMLB7VEhx8ml8083u_Xv_uTACCo/s720/160622_03.jpg

かんたん「うざく」のレシピ | 料理サプリ

きゅうり全体から水気を抜いてちょうどいい塩分をつける「たて塩」のやり方もぜひ覚えましょう。

酢の物は合わせ酢にゴマやのり、ワサビ、柚子胡椒などを加えることで簡単に味わいに変化をつけることができ、バリエーションが広がります。お好みの味にアレンジしてみてください。

関連記事リンク(外部サイト)

ダイエットの味方! 木綿豆腐×鶏挽き肉の最強ヘルシーコラボ
保存方法でリコピン増加!トマトをおいしく保存するコツ
体にいい「抗酸化作用」。そもそも何のこと?

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。