体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

肥満児増加をストップ!バランスが取れたランチを届けるサービスがアメリカで広がる

学校向け昼食デリバリーサービス「Choicelunch」

成長期にある子どもの健全な発達には、安全・安心で、栄養バランスのとれた豊かな食事が不可欠。

米疾病予防管理センター(CDC)によると、米国では、過去30年間で子どもの肥満が倍増し、2012年時点で、子どもや若者の3人に1人が体重超過に陥っているとのこと。

2010年にはオバマ夫人が中心となって、学校給食の改善に乗り出している。

・子どもの昼食を学校にデリバリー

Choicelunchのモバイルアプリカリフォルニア州を拠点とする「Choicelunch(チョイスランチ)」は、学校向けの昼食デリバリーサービスを運営。

保護者は、学校コードを入力し、「Choicelunch」にユーザー登録すると、ウェブサイトもしくはモバイルアプリから、子どもの昼食を注文し、子どもが通う学校に届けてもらうことができる。

メニューは、16種類の日替わりメニューから選ぶか、子どもの好みやニーズに合わせて、事前に献立を決めておくことも可能。

また、サイドメニューとドリンクは、子ども自身に選ばせる仕掛けとなっており、食における自己管理力を身につけるきっかけとなっている。

「Choicelunch」では、現在、カリフォルニアのほぼ全てのエリアを対象とし、カリフォルニア州北東部ポートラの「Alta Vista School」など、250校と提携している。

・学校向け昼食デリバリーサービスの広がり

学校向けの昼食デリバリーサービスは、「Choicelunch」のほか、ニューヨーク市「Little Green Gourmets」やボストンの「Smart Lunches」、オレゴン州ポートランドの「My Lunchbox」、サウスカロライナ州の「Schoolhouse Fare」など、米国各地に広がっている。

このように、学校向け昼食デリバリーサービスは、通学中の子どもたちの新たな昼食スタイルとして、今後、その地位を確立していきそうだ。

Choicelunch

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。