ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カラフル!とろ~り~!モチっ!ちょっとサキドリ話題の『ニューヨークスイーツ』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外からのスイーツは、次から次へと日本へ輸入されます。

その都度、「行列に並ぶのは嫌だけど、試してみたい!」と、思いますよね。


フィガロジャポン2016/6/20発売号
世界のひんやり夏スイーツ…
Fujisan.co.jpより

ならば、上陸する前、最近上陸したばかり、海外でめちゃくちゃ流行っているスイーツをチェックして、行列ができる前にお試し!トレンドを語っちゃいましょう!

 そこで今回は、NYでの大流行を先取り、「ミルキーバーン」「パッフル」「レインボーベーグル」をご紹介します。

◆『パッフル』

サクっモチっとした新食感が楽しめるスイーツ「パッフル」は、香港発信のスイーツですが、アメリカ・ニューヨーク経由で日本へ今年の春、上陸しました。

ニューヨークでは、連日大行列ができるほどの大人気スイーツなんだそうです。

 

この『パッフル』見た目はクレープの様な形をしています。生地は、クレープともワッフルともつかない感じ。

外側はカリっと、中はモチっと。今までにない新食感を楽しむことができると話題です。パッフルのフレーバーは4種類。

 

とにかく生地もチョコ味、中に入っているアイスもチョコ、トッピングもソースもチョコと、チョコづくしの「ショコラ」。

そして、バジルを混ぜた柚子シャーベットにマシュマロを載せミントシロップがかかった「柚子」。

さらに、アールグレイのアイスクリームとラベンダーが香るメレンゲがトッピングされた「アールグレイ」、抹茶の生地に、抹茶のアイスと黒蜜、きな粉の組み合わせでできた「抹茶」。

 

どれも、計算しつくされた奥深いフレーバーが楽しめそうですよね。

 

『ニコラハウス』HP

http://www.nicolasusagi.com/

◆『レインボーベーグル』

アメリカにある「The Bagel Store」で、大流行りのベーグルは、なんともポップな色遣い。

虹色のベーグルなんて言われるほど、見ているだけで心が躍りそうです。

 

口にするにはちょっとためらってしまうと言われてしまいそうな見た目ですが、パン作りの勉強や修行を積んだ『ベーグル作り歴20年以上のベテラン』が作る『レインボーベーグル』は、化学物質や保存料は使わず、すべて手作りという保証つきなんだそうです。

 

日本では、土曜日限定でこの5月から代官山にあるお店で販売が始まったそうです。

 

『NEW YORK CLUB』HP

http://newnewyorkclub.com/

◆『ミルキーバーン』

出典 Instagramより aftersicecream
アメリカで有名なアイスクリーム店『Afters Ice Cream」』が生みだしたお菓子で、アツアツのドーナツに、冷た~いアイスクリームがサンドされたもの。

これ「今までにもあったよね…」と、お思いの方もいらっしゃるでしょう。確かに、メロンパンにアイスを入れたものが話題になりましたよね。

 

しかし、それと何が違うかといいますと、そこに『遊び』が加わっているのです。

単なるドーナツとアイスだけでなく、そこに数十種類もあるトッピングを好きなようにできるのです。

味も見た目も自分流にカスタマイズする。見た目もアメリカ女子のハートをつかんだ理由の一つだそうです。残念ながら、まだ日本には上陸はしていないそうですが、今後来ると話題に…?

 

『Afters Ice Cream』HP

http://www.aftersicecream.com/

 

今季トレンドのスイーツは、味は勿論ですが、『見た目』と、『歩きながら食べられる手軽さ』が受けているようです。食べているスイーツがファッションの一部として考えられているようにも感じます。さて、秋冬に向かい、次はどんなスイーツがトレンドに上がるのでしょうか? 楽しみですよね。

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP