ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実際の能力以上に評価されるポジティブ・ハロー効果

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 お金が、まるで向こうからやってくるような成功者たちは、心理学を駆使していることが多い。

 2006年、カナダのカールトン大学のローレイン・ダイク博士(心理学者)が様々な事業で成功した男女40人にアンケートを実施。「あなたの成功の理由は?」という質問の回答としてもっとも多かったのが、「人間関係」だった。心理学者の内藤誼人氏が解説する。

「この調査結果からわかるのは、『人間関係』をうまくコントロールすれば、どんな業種だろうと成功者になれるということです。会社内で自分に有利な人間関係を構築できれば、出世も近付きます。高みに上る人は、必ず有能な部下に恵まれ、彼らに自分を押し上げてもらっている。そのために心理学は非常に有用です」

 お金を持つ人は、自分を高みに上げる術を知っている。例えば、自分に少しでも自慢できるスキルや人脈があれば、それを活用するのも手だ。

「私は帰国子女です」や「スポーツで全国大会に行きました」などを、嫌味ではない範囲で触れることで、「この人は仕事ができそうだ」、「魅力的だ」などと相手に思わせることができる。

 これは心理学では「ポジティブ・ハロー効果」という。ある対象を評価する時に目立っている特徴に引きずられ、他の特性が歪んで評価される。実際の能力以上に、評価をしてもらえることもある。

※週刊ポスト2016年7月1日号

【関連記事】
人と縁を切る際の具体的方法や縁切りのポイントを明示した本
日本独特の横の繋がり「同期」をエリート社会から分析した本
謝る相手が女性の場合は118cm距離を置く 大股を開くのはNG

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP