ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【福岡県】つづら棚田・八女中央大茶園・志賀島など一度は訪れたい絶景スポット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【一度は訪れてみたい福岡県の絶景スポット】

今回は、日本の絶景・秘境を都道府県別に厳選してご紹介いたします。

≪スポット(例)≫

つづら棚田・八女中央大茶園・志賀島・皿倉山・遠賀川など…

この機会に、日本が世界に誇る素晴らしき絶景を訪れてみてはいかがでしょうか?

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

八女中央大茶園

見渡す限り青々としたお茶畑が広がる。広大なスケール感が素敵。

眼下に広がる一面のグリーンがのどかで癒される場所。新緑のお茶摘みの季節が一番のおすすめで、目が覚めるような緑色が広がる茶畑はまさに絶景。空気もきれいで、ゆっくり写真撮影を楽しめそう。

\口コミ ピックアップ/

母の実家が八女市で 数十年ぶりに。親戚の方が今の時期は絶対見て帰らないと後悔するよと言われて行きました。八女中央大茶園までの道路は少し狭かったです。でも 車を降りると一面にお茶が!

お茶に囲まれるなんて経験は初めてだったし、芝生とか花畑とは全く違う「開放感」大感激でした。 八女中央大茶園

住所/福岡県八女市本

TEL/0943-23-1118

「八女中央大茶園」の詳細はこちら

皿倉山

日暮れ時に訪れると、徐々に夜景が浮かび上がっていく様子が楽しめる。

昼間の皿倉山も美しい景観を臨めるが、オススメは日が落ちてからの訪問。山頂までは少々散策が必要であるものの、北九州市街を一望できる壮大な夜景が眼前に広がる。ドライブがてら訪れてみて。

\口コミ ピックアップ/

皿倉山(サラクラヤマ)は、北九州国定公園の一部です。権現山、帆柱山など帆柱連山がある急な山です。100万都市北九州の近くにこんなに豊かな自然、多くの昆虫や動物の種がいます。夜景の美しさは、「新日本三大夜景」のひとつに選ばれているそうです。

山頂まで、ケーブルカーとスロープカーで登ることが可能です。キャンプ場や皿倉山ビジターセンターなどもあります。最近いろいろと設備が新しくなったので行かない手はありません(久々に来た自分自身ビックリしてしまったくらいです)。

スロープカーのガイドさん曰く、「空気が澄んだ冬だよね」と冬が眺望のおススメですが、秋の紅葉も捨てがたい。 皿倉山

住所/福岡県北九州市八幡東区

「皿倉山」の詳細はこちら

遠賀川

川沿いに、河川敷に色とりどりの花が咲き、まるでフラワーロードに。

細長い形状の遠野川の河川敷には、四季折々の花が咲き誇り、非常に景観豊か。散策しながら花を愛で、お気に入りのシーンを写真に収めてみてみるのも○。特に春はオススメで、美しい花に心癒される。

\口コミ ピックアップ/

四季折々、いろんな顔を持つお手軽お出かけスポットです。ゆっくりお散歩したり、川の流れも穏やかなので眺めていて落ち着きます。

滔々とながれる水量豊かな川。この川とずっとともにあったとおもいます。私のルーツです。いつもとおるたびに私の気持ちも豊かになります。 遠賀川

住所/福岡県中間市(芦屋町・水巻町・遠賀町)

TEL/093-245-0154

「遠賀川」の詳細はこちら

志賀島

金印の出土の地として有名な島。日が落ちてからの夜景も美しい。

歴史のロマン漂う金印発掘の地「志賀島」は、レジャーありグルメありの景観地で、島の周りのドライブは風が気持ちよく爽快。夜景にもファンは多く、昼も夜も違った表情を見せるところも人気の理由。

\口コミ ピックアップ/

島一周寄り道をしなかったら車で10分ほどです。景観がすばらしく、思わず立ち止まるところがたくさんありました。のんびりボーっとするには最高だと思います。

道の駅みたいなお土産屋さんもありました。このときは食事には寄らなかったのですが、美味しそうな食事処も結構ありました。海水浴場もあり、もう少し早い夏の時期だったら入りたかったです。

また福岡に来たら夕焼けを見に訪れたいです。 志賀島

住所/福岡県福岡市東区

「志賀島」の詳細はこちら

大島

海の透明度の高さと東シナ海の壮大な景色に圧倒される光景。

神湊港から船で約20分の玄界灘にある自然と歴史の島。灯台や風車のある展望台が観光の名所となっており、そこから臨める景観が○。離島ならではの眺めをのんびり楽しんでみて。

\口コミ ピックアップ/

宗像大社に行った際に、足を伸ばして大島まで行ってきました。神湊港から20分程度で到着!雲ひとつない良い天気だったので、空と海が真っ青で、とても美しかったです。夏の時期に海水浴に来たら楽しいだろうなと思いました。気軽に行ける島なので、また訪れたいです。 大島

住所/福岡県宗像市大島

TEL/0940-72-2226

「大島」の詳細はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

今年はここから見よう!注目花火大会&おすすめ観賞スポット【大分編】
今年の花火は特別なシチューションで観賞!注目の花火大会・攻略術【東北編】
伊豆で過ごす!とっておきの夏遊び体験10選【静岡】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP