ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シェフに骨抜きにされる!本格モダンヨーロピアンレストランでランチ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

友人と元町のマークス 「ガストロノミー&ワイン」でランチ。友人は過去2回行った事があるが私はお初。こんな素敵なお店が出来ていたんだな。

■あわせて読みたい
世界の食通が選ぶ!日本の素晴らしいレストランTOP30
http://tabizine.jp/2015/06/04/37373/

ランチは4000円のコースのみ。ディナータイムは1階は軽く飲めるワインバーで2階がコース料理を提供されるらしい。

写真が暗くなっちゃったけど2階はこんな感じ。

この後でスポクラに行く予定があったのでお酒は我慢しジンジャーエールで乾杯。

前菜。コンフィーとエッグとベーコン、ヘーゼルナッツと旬のグリーンピースのサラダ。外人のオーナーシェフさんが料理の紹介をしてくれた。

「コレハ、タマゴジャアリマセン」・・・えええ~っ卵に見えるけどと思ったらすかさず隣にいた日本人の奥様が訂正。「これは生卵じゃありません」3人で爆笑。外人シェフさん、惜しかったねえ。大分あってた。もう一息。日本に来て1年らしく大分片言の日本語で説明されるので、聞いていると可愛くってニコニコしちゃう。

卵は低温調理(確か60度?)でじっくり火入れをされているらしい。このサラダがメッサウマーっ。味は元より色んな食材の食感が混ざって実に歯応えも良い。私が今まで「葉っぱはいらん! あっち行け!」と100回位言った事は全て無かった事にしてもらいたいと思った位の美味しさ。

本日のお魚。真鯛のローストと3種類のアスパラ ヨーロッパ産春のマッシュルーム添え。見た目の美しさは勿論だけどソースがコクがあって美味しかった。ホワイトアスパラの生が食べられる様になったのって結構最近じゃないですか? 中年女の言う最近は過去10年位前まで遡るけど・・・。缶詰のフニャフニャのゲロマズのホワイトアスパラを無理くり食べて育った世代には生のホワイトアスパラは神! ほんのり甘いのが大好き。

パンも盛り付けが丁寧だなあ。

本日のお肉。スペイン産若鶏のロースト、トマト、ズッキーニ、ショロンソース。鶏肉の中心にお野菜がギュギュっと詰めてあって一品一品の丁寧な料理に感激した。

デザート。ルバーブとベイクドカスタード、生姜のアイスクリーム、ピスタチオのショートブレッド。デザートまで完璧だなあ。ルバーブは茎の様な食感だけど甘くて美味しいんですね。

最後はたっぷりのアイスティーで満足万蔵で、ご馳走様でした。オーナー夫妻の接客も気持ち良いし、今度は夜にゆっくりと食べに行きまっしょい。

■あわせて読みたい
世界の食通が選ぶ!日本の素晴らしいレストランTOP30
http://tabizine.jp/2015/06/04/37373/

[寄稿者:浜 みき]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/hamamiki/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP