ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小さじ1杯できれいに痩せる!「オメガ3脂肪酸」でツヤ肌&ダイエット

DATE:
  • ガジェット通信を≫


オイルを摂取しなければ、肌がカサカサになって、きれいに痩せられないことをご存知でしたか?ダイエットにオイルは欠かせないアイテムの一つです。でもオイルならなんでも言い訳ではありません。ダイエット中に摂取すべきオイルとそうでないオイルがあります。今日はダイエット中に、摂取して欲しいオイル「オメガ3脂肪酸」について、ご紹介したいと思います。

血行促進効果のあるオイル

オイルは太る、血液がドロドロになってコレステロール値が上がるというイメージをお持ちではないでしょうか?オイルにも種類があり、摂取することで善玉コレステロールが増えて、血液をサラサラに、その上、血流をアップするオイルがあります。それがオメガ3脂肪酸です。背の青い魚である、サバ、いわし、サンマなどに多くふくまれています。

一日に必要な量は約2g

オメガ3脂肪酸の成人女性、18歳~49歳の一日に摂取量は、1.8~2.1gになります。真アジなら約3匹、うなぎなら1匹半になります。また、魚を焼くことでオイルが流れてしまいますので、刺身で食べる、蒸す、煮ることで、そのまま体に取り込むことができます。

毎日食べられない場合は、シソ油、アマニ油、大豆油を小さじ1杯とるようにしましょう。みそ汁やお浸しにかけると美味しくいただけます

オメガ3脂肪酸が細胞膜を作る

オメガ3脂肪酸をしっかり取ることで、ダイエット中でも質の良い脂質を補うことができます。これにより肌のすみずみの毛細血管に血液がいきわたり、新陳代謝を活発に。血液を通して細胞に栄養を運びます。

脂肪は体の細胞膜を作る上で大切な成分。細胞の表面の細胞膜の材料にもなります。それらにより肌をキレイにする作用が期待できます。


ダイエット中の美肌効果以外にも、オメガ3脂肪酸の中のDHAは、脳の情報伝達の改善効果があります。肉好き女子や体重の気になる方には、脂肪の燃焼を助ける酵素を促進させるなど、うれしい作用もあります。青魚が苦手な方や外食が多い方は、毎日、小さじ一杯のアマニ油やシソ油、大豆油などを摂取しましょう。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

ちょっとしたコツで好かれる!「聞き上手な女性」がやっている4つの仕草
小じわが気になる…!そんな時に見直したいスキンケア方法とは?
筋トレせずに代謝アップ!すぐにできて、らくらく痩せられる方法2つ!
そのほうれい線は〇〇が原因かも!?気づかない間に増えるシワやたるみを防ぐ!
だるさもポッコリお腹も雨のせい?梅雨時のデトックス方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP