ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

在住者が教える、ヴェネチアのつまみ食いスタイル「バーカロ」の楽しみ方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

水の都ヴェネチア、運河と小径が交錯する、まるで迷宮のようにドラマティックな美しいこの町は、一度は訪れてみたい憧れの町です。そんなヴェネチアに伝統的にある「バーカロ」があまりにも楽しすぎるのです。

「バーカロ」とはヴェネチアにのみある伝統的な酒場のスタイル。グラスワインとおいしいおつまみを気軽に楽しむことがます。

ここを訪れれば、ヴェネチアがもっと楽しくなる! ヴェネチアの「バーカロ」をご紹介します。

こんな風に楽しもう、バーカロ

ヴェネチア独特の「バーカロ」は、漁師が仕事終わりに、海で冷えた体をあたためるために、バーカウンターに寄って、立ち飲みでお酒をひっかける人が多く、それに合わせて「チケッティ」と呼ばれるちょっとつまめるフィンガーフードを用意したのが、そもそもの始まりだと言われています。

今では、ヴェネチアのたくさんのお店でこのバーカロを楽しむことができます。

バーカロは、バーカロというお店があるのではなく、立ち飲みでお酒とつまみを楽しむことができるスタイルのこと。バーカロのみのお店もあれば、レストランのカウンタースペースをバーカロにしているところもあります。どこにそれがあるかと言えば、目印はつまみの「チケッティ」。

チケッティがこのようにカウンターに並んでいて、立ち飲みできるバースペースがあれば、そのお店はバーカロをやっています。

まずは、カウンターでグラスワインを注文します。立ち飲みですので、料金も3〜5ユーロと経済的。そして、ショーケースに並んでいる好きなチケッティをもらいましょう。チケッティも1個1ユーロ〜と価格も安く、しかも1つから気軽にオーダーできるのもうれしいところです。お酒とつまみを受け取ったら、カウンターでいただきます。

そして何より楽しいのは、チケッティの種類の多さと、おいしさ!お店によって種類は様々ですが、ベネチアの郷土料理「バッカラ・マンテカート(干し鱈のムース)」や「サルディン・サオール(イワシの酢漬け)」はぜひ食べたいところです。

そう、バーカロは、ヴェネチアのおいしさがつまみ食いできちゃう、そんな楽しいおいしいところなのです。ヴェネチアに来たらぜひこの「バーカロ」体験して、ヴェネチアをより味わってみてください。

[撮影に協力してくれたバーカロのお店:steria al Cicheto]
[Photos by Ryoko Fujihara & Shutterstock.com]]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP