ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

雨の日に聴きたい、現代音楽ならではの“不思議”な1曲

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜の朝6時からの番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING CLASSIC」。“Happy Rainy J-WAVE”がスタートした今週は、雨にまつわるクラシック、略して「雨クラ」を特集しています。

6月21日(火)のオンエアでは、今年没後20年を迎えた武満徹の「雨の樹・素描?」をクラシックソムリエ協会理事の田中泰さんが紹介しました。

「日本を代表する作曲家、武満徹は雨や水に関する作品をたくさん残しています。『雨の樹・素描?』もまさにその一つ。作曲家にとって水を描くことは、大きな課題であり、誘惑であったのかもしれません。そして、副題に“オリヴィエ・メシアンの追憶に”と書かれたこの曲は、1992年に武満徹が残した最後のピアノソロ作品でもあります」

番組では、エレーヌ・グリモーが演奏したピアノでお届け。「現代音楽ならではの“不思議”を感じる曲。また、雨を表現することでも、深く、感性の中に沁み入る、考えさせられる一曲です」と、別所もじっくりと鑑賞していました。

後半は、今日という日に向き合う力を与えてくれる、瀬戸内寂聴さんのお言葉を紹介しました。今日のお言葉はこちら。

「近ごろの人は自分本意ですぐに“許せない”と言います。人間はみんな許されて生きているのです。自分の正しさばかり主張してはいけません」

何か許せないことがあっても、落ち着いて冷静に考えてから発言したいものですね。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

降水確率0%なのに雨! その理由は?(2016年06月20日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/0-2.html

雨嫌いの野村訓市 「熱帯地方のスコールだけは好き」(2016年05月02日)

http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1497.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP