体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Garmin、GPSトラッキング機能付きフィットネス用アプリ「Garmin fit」を公開(日本からは入手不可)、ANT+対応のセンサーデバイスと通信可能

GarminがAndroid用のスポーツ・フィットネスアプリ「Garmin fit」を公開しました。残念ながら日本向けには提供されていません(Market Enablerを使用するなどすれば入手できます)。アプリは有料、$0.99で購入できます。「Gamrin fit」はGPSを使って位置をトラッキングしながらランニング、ウォーキング、サイクリング中のスピードやペース、距離、消費カロリーをリアルタイムで確認でき、それらのログをアクティビティとして保存、Garminのオンラインサービス「Garmin Connect」に(ForerunnerなどのGPS端末と同様に)アップロードし管理することができます。Garmin Connectにログインすることで直近30日のアクティビティを閲覧することもできます。運動中には楽曲を再生することもできます。ANT+に対応したAndroid端末(Xperia arcやneo、ray、miniなど)であれば、「ANT+ Radio Service」アプリを別途インストールすることで、ANT+対応のセンサーデバイスと通信することができます。「Garmin fit」では今のところ心拍センサー、フットポッドと接続できるようです。例えば、心拍ベルトと接続すればアプリの画面上で運動中の心拍数や平均心拍数を確認できたり、心拍数に基づく消費カロリーを算出することができます。アプリにはケイデンスやステップを表示する項目もあるので、ケイデンスセンサーやステップマシンとも通信できるようになる(?)と思います。「Garmin fit」(マーケットリンク)Source : GarminAndroid Community


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、マルチメディアドックやカーマウントなど、Galaxy Nexus専用アクセサリーも発売予定
Sony Ericsson ”NOZOMI”?の写真
Samsung、10月27日に英国でGalaxy Noteの発表イベントを開催

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。