体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

都会の喧騒も忘れる穴場のパワースポット。「一願不動」に願いを込める大阪『太融寺』

111025taiyuji01.jpg

先日、知人から大阪にとても有名なパワースポットがあると聞きました。
どこかと尋ねると、大阪市北区のど真ん中にある「太融寺」だと言うのです。
「太融寺」といえば、地名にもなっている、とっても有名なお寺です。しかも、JR「大阪駅」より徒歩10分という立地。
 
大阪駅といえば、伊勢丹ができたりして駅のリニューアルでとても盛り上がってる場所。そんな都会のど真ん中にパワースポットが?
正直いうと「太融寺」は昔から慣れ親しんだ場所でもあったので、パワースポット巡りが趣味の私もノーマークの場所。
そこで、今回は実際に確認しに行ってきました!
大阪駅から地下に入り、泉の広場の階段を上がると歩いてスグです。いつも「太融寺」の前はよく通っているのですが、気にしていなかったので、入り口がどこかもよくわかっていませんでした……。
大通りの裏側に入ると正面入り口があり、大きな本堂が出迎えてくれます。早速そこで手を合わせます。
そして、境内の地図を見ると興味を惹かれるスポットが次々と!
まず本堂の右側に入ると、弘法大師の像があります。この「太融寺」は、弘法大師が創建したのです。
その奥に、この「太融寺」を訪れる人の1番の人気スポットとも言われる場所がありました。
それが一願堂です。

111025taiyuji02.jpg

ここには、「一願不動」と呼ばれるお不動様がいて、願いを1つ叶えてくれるというのです。そのお不動様の後ろには、1本の細い水が落ちてくる滝があり、その場所はとても神秘的な空間です。

111025taiyuji03.jpg

実は今いるお不動様は2代目で、初代のお不動様は大阪大空襲で焼け落ちた瓦礫の中に横たわっていたものを、現在は秘仏として奥の院に安置されているそうです。
今も、願いを叶えようと訪れる人が後を絶ちません。
人気スポットといえば、実は本堂の正面向かって左に出ると、とても有名な方のお墓がありました。
それは、現在NHKの大河ドラマでも注目されている豊臣秀吉公の側室である淀殿のお墓です。

111025taiyuji04.jpg

大阪城落城によって自刃して果てたと伝えられる淀殿の遺骨は、弁天島に一祠を作って埋められたと言われています。
それを淀姫神社というのですが、明治10年11月にこの場所に移祀されたのだそうです。
このお寺は、高野山真言宗の寺院なんですが、中には「白龍神社」があったり、観音さまの足元に老齢の夫婦が寄り添う「ぼけ封じ観音」など、いろいろ興味深い場所がありました。
「太融寺」を1歩出ると繁華街でザワザワしている場所ですが、本当に門をくぐり足を踏み入れると、都会の喧騒も忘れすっかり長い時間散策してしまいました。その1時間ぐらいの間も、たくさんの方が訪れていましたよ。
大阪に住んでるのに当たり前すぎて私のようにノーマークだった方も、大阪観光のついでにパワースポットに立ち寄りたい方にも、是非立ち寄って欲しいオススメの場所です。
太融寺
(西脇聖)


(マイスピ)記事関連リンク
新鮮な体験! 暗闇の中を手探りで進み極楽の錠前に触れる「お戒壇めぐり」
お願いを叶えるためにはお作法が大切! 寺社巡りを楽しむ女子のためのガイド『寺社ガールの正しいお作法』
秋の京都を自転車で走る! 伝説が眠る魔界を訪ねる「京の魔界めぐり」サイクリングツアー

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。