ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【高知県】桂浜・四万十川・天狗高原など一度は訪れたい絶景スポット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【一度は訪れてみたい高知県の絶景スポット】

今回は、日本の絶景・秘境を都道府県別に厳選してご紹介いたします。

≪スポット(例)≫

桂浜・四万十川・天狗高原・横浪黒潮ライン・中津渓谷など…

この機会に、日本が世界に誇る素晴らしき絶景を訪れてみてはいかがでしょうか?

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

桂浜

竜頭岬の眺望。松と海のコントラストが美しい。

浦戸湾口、龍頭岬と龍王岬の間に弓状に広がる海岸。松の緑と、海浜の五色の小砂利、紺碧の海が箱庭のよう。月の名所でもある。

\口コミ ピックアップ/

日本海側に住んでいる私にとっては憧れの土地でした。実際行ってみるとステキな所です。高知市内は山に挟まれた感覚ですが、少し行き桂浜に行くと果てしなく見渡せる太平洋。昼間に行きましたが夕方がきれいだろうなと思いました。

とさいぬパークで子犬とふれあいも犬好きの私にとって楽しい時間でした。またぜひ行きたいです。 桂浜

住所/高知県高知市浦戸6

TEL/088-823-9457

「桂浜」の詳細はこちら

四万十川

四万十川にかかる沈下橋。

四国最長の川・四万十川。「日本三大清流の一つ」とも「日本最後の清流」とも呼ばれている。四万十川の代表的な風景は、支流も含めて47もある「沈下橋」。レンタサイクルもあるので沈下橋めぐりをしてみては?

\口コミ ピックアップ/

四万十川を下流の中村から 国道411号線->国道381号線で上流に向かってドライブしてみました。中村では大きな川幅ですが、だんだん細く(と言っても十分広いですが)流れも、緩やかな流れから、やや早い流れへと景色の変化が楽しめました。新緑の季節でしたので、変わる景色には飽きが来ませんでした。道も十分整備されており、対向車も少なく大変走り易かったです。

また、高瀬の沈下橋を渡り、対岸の河原にも降りて、水の奇麗さを実感しました。沈下橋は細いですが乗用車には十分な幅があります。が、欄干が無いためちょっと緊張しました。

紅葉の季節にも是非訪れたいと思っています。 四万十川

住所/高知県四万十市

TEL/0880-35-4171

「四万十川」の詳細はこちら

室戸岬

高知県室戸市に属し、太平洋に面する岬。

太平洋に突きだした独特の地形を持つ岬。室戸岬では「室戸岬灯台」という真っ白な灯台がある。室戸岬のシンボルはレンズの大きさは直径2m60cmと日本最大級。 海とのコントラストは必見。

\口コミ ピックアップ/

室戸岬周辺は駐車場が点在し、中岡慎太郎氏の銅像があります。

岩礁が多く見晴らしは、決してよくありません。

県道203号線室戸スカイラインを北上すると展望も開け、途中室戸灯台や展望台があり太平洋を見ることが出来ます。

何故か展望台の駐車場には、数匹の猫が餌付けされていました。 室戸岬

住所/高知県室戸市室戸岬町

TEL/0887-22-5134

「室戸岬」の詳細はこちら

竜串海岸

永年の時の流れが作り出した風景は異世界にいるよう。

竜串海岸は、臥竜山と呼ばれている山の直下に、断崖絶壁に沿うように数々の奇岩・奇勝が姿を見せる海岸。大竹、小竹とよばれる奇岩はまるで太い竹が海に向かって伸びているよう。

\口コミ ピックアップ/

長い時間をかけ地層が波に侵食されたり削られたりしてできた芸術的な海岸。大竹小竹と呼ばれるスポットなどは彫刻家が彫ったのかと思ってしまうほど美しいものでした。

波の侵食によって生み出される豪快な海岸は数多く存在しますが、竜串の様な芸術的な海岸は中々貴重だと思います。足摺岬に行く際は是非オススメです。 竜串海岸

住所/高知県土佐清水市

TEL/0880-85-0405

「竜串海岸」の詳細はこちら

柏島

高知県の西の果てにあり、高知市から車で3時間半ほどで着く。

ダイビングを楽しむ人には国内のダイビングスポットとして有名な場所。観光地としてはあまり知られていないので穴場。ハワイ、沖縄のような海を独り占めできる島。

\口コミ ピックアップ/

とにかくシーズンの連休や週末は島のお宿が取れないくらい人気です。シルバーウィークに行ったのですが夏前から予約して、宿泊のキャンセルがでたので行くことができました。島自体はこじんまり、レストランもあまりないので民宿のごはん付きを予約するほうがいいですね。

ダイビングショップは十数件あります。ここまで人気なのはいろんな種類の魚が見られることに人気があります。関東からのダイバーもとても多くお友達がすぐできますよ。 柏島

住所/高知県幡多郡大月町柏島大月町役場

TEL/0880-73-1115

「柏島」の詳細はこちら

天狗高原

風車の大きさから天狗高原の広大さがわかる。

天狗高原は、日本三大カルストのひとつ、大山脈四国カルストの東側(高知県側)にある。眼下には標高1000メートル以上の尾根が連なり、石鎚連峰から太平洋まで見渡せる大パノラマ。

\口コミ ピックアップ/

四国山地の頂にあるカルスト台地。晴れていれば素晴らしい絶景が広がり、台地の中の散歩道を歩くと、体中がリフレッシュされます。今、奥四万十博開催中で、色々な楽しみ方ができます。

一番のポイントは、観光客が少ないこと。この場所が首都圏にあれば、毎週末は大混雑間違いなしのスポットです。 天狗高原

住所/高知県高岡郡津野町

TEL/0889-62-3188

「天狗高原」の詳細はこちら

四国カルスト

広大な緑の中に白い石灰岩が突き出ている景色が特徴。

四国カルストは空にタッチできそうなほどの標高に広がる大パノラマ。緑の牧草をあるけばゆったりと歩く牛に出会うことも。緑の中に突き出る白い石灰岩が神秘的。

\口コミ ピックアップ/

愛媛県と高知県の県境にある標高1000mぐらいの高原です。石灰岩のカルスト地形に牛が放牧されています。この日は、天気は良かったのですが、少し薄く霧がかかっていて、遠望は出来なかったです。でも広々とした草原と地表に突き出た石灰岩には驚愕してしまいました。 四国カルスト

住所/高知県高岡郡檮原町檮原町・東津野村・柳谷村・野村町

「四国カルスト」の詳細はこちら

見残海岸

普段みることのできない奇岩の数々を見ることができる。

竜串海岸の近くにあり、弘法大師もその道の険しさに見残したといわれている海岸。海岸へはグラスボートで渡る。澄んだ海と奇岩の数々が異世界の雰囲気を醸し出している。

\口コミ ピックアップ/

見残し海岸も竜串海岸と同じく変わった形の岩だらけの海岸です。

風景は竜串海岸と同じ様な感じですが、こちらの方が若干岩が黒っぽい様な気がします。

見残し海岸へは遊覧船でいきますが、見残し海岸の見学ルートはかなりワイルドですので子供さんや歩くのが大変な方は、船からの見るのをお勧めします。 見残海岸

住所/高知県土佐清水市

「見残海岸」の詳細はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

じゃらん現地スタッフおすすめ!夏の新潟で訪れたい10のスポット
【愛媛県】しまなみ海道・佐田岬・石鎚山など一度は訪れたい絶景スポット
さくらんぼ・もも・ぶどう…♪初夏のおすすめフルーツ狩り農園【関西・中国】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP