体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【高知県】桂浜・四万十川・天狗高原など一度は訪れたい絶景スポット

【高知県】桂浜・四万十川・天狗高原など一度は訪れたい絶景スポット 高知

【一度は訪れてみたい高知県の絶景スポット】

今回は、日本の絶景・秘境を都道府県別に厳選してご紹介いたします。

≪スポット(例)≫

桂浜・四万十川・天狗高原・横浪黒潮ライン・中津渓谷など…

この機会に、日本が世界に誇る素晴らしき絶景を訪れてみてはいかがでしょうか?

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

桂浜

桂浜竜頭岬の眺望。松と海のコントラストが美しい。

浦戸湾口、龍頭岬と龍王岬の間に弓状に広がる海岸。松の緑と、海浜の五色の小砂利、紺碧の海が箱庭のよう。月の名所でもある。

\口コミ ピックアップ/

日本海側に住んでいる私にとっては憧れの土地でした。実際行ってみるとステキな所です。高知市内は山に挟まれた感覚ですが、少し行き桂浜に行くと果てしなく見渡せる太平洋。昼間に行きましたが夕方がきれいだろうなと思いました。

とさいぬパークで子犬とふれあいも犬好きの私にとって楽しい時間でした。またぜひ行きたいです。 桂浜

住所/高知県高知市浦戸6

TEL/088-823-9457

「桂浜」の詳細はこちら

四万十川

四万十川四万十川にかかる沈下橋。

四国最長の川・四万十川。「日本三大清流の一つ」とも「日本最後の清流」とも呼ばれている。四万十川の代表的な風景は、支流も含めて47もある「沈下橋」。レンタサイクルもあるので沈下橋めぐりをしてみては?

\口コミ ピックアップ/

四万十川を下流の中村から 国道411号線->国道381号線で上流に向かってドライブしてみました。中村では大きな川幅ですが、だんだん細く(と言っても十分広いですが)流れも、緩やかな流れから、やや早い流れへと景色の変化が楽しめました。新緑の季節でしたので、変わる景色には飽きが来ませんでした。道も十分整備されており、対向車も少なく大変走り易かったです。

また、高瀬の沈下橋を渡り、対岸の河原にも降りて、水の奇麗さを実感しました。沈下橋は細いですが乗用車には十分な幅があります。が、欄干が無いためちょっと緊張しました。

紅葉の季節にも是非訪れたいと思っています。 四万十川

住所/高知県四万十市

TEL/0880-35-4171

「四万十川」の詳細はこちら

室戸岬

室戸岬高知県室戸市に属し、太平洋に面する岬。

太平洋に突きだした独特の地形を持つ岬。室戸岬では「室戸岬灯台」という真っ白な灯台がある。室戸岬のシンボルはレンズの大きさは直径2m60cmと日本最大級。 海とのコントラストは必見。

\口コミ ピックアップ/

室戸岬周辺は駐車場が点在し、中岡慎太郎氏の銅像があります。

岩礁が多く見晴らしは、決してよくありません。

県道203号線室戸スカイラインを北上すると展望も開け、途中室戸灯台や展望台があり太平洋を見ることが出来ます。

何故か展望台の駐車場には、数匹の猫が餌付けされていました。 室戸岬

住所/高知県室戸市室戸岬町

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。