ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【世界初】エアバス社が3Dプリンターで「電動バイク」を作った理由とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。最近では3Dプリンターで様々な新素材を使うことができるようになり、用途を飛躍的に拡大しているのです。

この見た目!

バイクのフレームは強度計算が重要だと言われます。軽量、かつ丈夫さを両立しようとした「骨格」が、よく言えばスタイリッシュ、悪くいえばちょっとグロテスク。

大人なら軽々
持ち上げられる!

フレーム重量はなんと6kg。全体でも35kgという驚きの軽さで、大人なら簡単に持ち上げることができます。

フレームの材料は、独自に開発した「Scalmalloy®」という、チタンよりも強度の高い特殊アルミ合金で、もともとは航空宇宙産業への用途を見込んで開発されたもの。

一体、どのくらい
スピードが出るの?

リリースによれば、最高速度は80km/hも出るそうです。なんと、ゼロ速度から45km/hまで加速するのに、わずか3秒しかかからないとのこと。

気になるお値段、
約600万円!

価格はなんと5万ユーロ。日本円にして約600万円です。生産は50台限定で、予約するためには保証金として2,000ユーロ(約25万円)が必要とのこと。

ちなみにこのバイク、日本でナンバーが取れるんでしょうか。6,000wの定格出力を持ち、とてもパワフルなLight Riderですが、日本では軽二輪(126cc〜250cc)扱いで申請が可能になる模様。輸入新規登録扱いで申請すれば、ナンバーを取得することも不可能ではなさそうです。

エアバス社やボーイング社は、多くの部品を3Dプリンターで製造していて、すでに実用化もされていて、空を飛んでいるとか。

APWorksのエンジニアであるステファン・スタール氏はこう語ります。

「我々はこのLight Riderで、将来の都市のモビリティビジョンをデモンストレーションしているんだ」

3Dプリンターは、その設計データを共有して、第三者でも簡単に同じものをプリントすることができるオープンマインドを拡張するものです。

すでに、世界中のエンジニアのために自動車のエンジンやジェット機のタービンなどのデータを共有しているサイトもあるほどです。「Light Rider」の設計データも、今後世界中で共有され、ますます改良されていくのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by AIRBUS APWORKS

関連記事リンク(外部サイト)

スマホでデザインできる!1万円台の小型3Dプリンター「OLO」
3Dプリンターでも「復元」できないものがあります

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP