ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HY+BIGMAMA、ルーブ・ゴールドバーグ・マシンを取り入れた「シンクロニシティ」MV公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月6日に発売となるHY+BIGMAMAのコラボレーションアルバム「Synchronicity」。同アルバムのリード曲「シンクロニシティ」のミュージックビデオが公開された。

ミュージックビデオは、アメリカ合衆国の漫画家・ルーブ・ゴールドバーグが発案した表現手法“ルーブ・ゴールドバーグ・マシン”を取り入れて撮影された。

普通にすれば簡単にできることを、手の込んだからくりを多数用い、それらが次々と連鎖していくことで実行する。樋状の棒の上に玉を転がしたり、ドミノを倒したり、台の上に何かを置いたりするなどの簡単な作業を行うことで仕掛けが作動し、それによって次の仕掛けが作動していく。このようにしていくつもの仕掛けを連鎖的に作動させ、最終的に何らかの作業を実行する手法となる。

撮影監督は掛川康典氏が担当し、総撮影時間は17時間にも渡った。苦労した点として、撮影スタッフは「楽器編成がほぼ被っているバンド編成をどのように魅せていくかに苦労しました。例えば、ドラムを2台並べての撮影や、ベースが2人居ることなどで、実際の撮影には、通常のバンド形態の2倍の撮影行程が掛かりました。また、ルーブ・ゴールドバーグ・マシンの仕掛けを撮影するのはトライアンドエラーの繰り返しで、大変苦労しました。」とコメントしている。

新里英之(HY)アルバム制作についてコメント
ハイサイHYボーカルの英之です。今回、嬉しい事にHYにとって始めての新しいチャレンジになります。BIGMAMAさんのライブを見た時、僕は、透き通る美しい湖の中に自分が居るような感じになり、そして、心がその力漲る水に癒されました。僕達HYも沖縄の自然を感じながら曲を作る事が多いので、そこにBIGMAMAとHYの繋がりを感じました。また、自分達の素直な気持ちを音楽に表現し、メンバー皆が同じ方向を向いている、そんな彼らのチームワークにも感動を受けました。それも、HYと共通な部分。この偶然の出逢いを大切にし、 素敵な瞬間を届けたいと思います。そしてHY&BIGMAMAのファンの皆様がそこに色を付けていく!どうなるかなぁ〜?是非、楽しみにしていてください!

金井政人(BIGMAMA)アルバム制作についてコメント
(お互いのバンドの共通点として)4人のMENSに紅一点の女性メンバー。隣にいるような親近感で、どこまでも果てしなくピースなライブをするところ。時間や、場所、方法は違えど、どこかで繋がっているような不思議な感覚。今回嬉しいご縁があってひとつの作品を一緒に作ることになりまして、とても光栄に思いつつ、誰よりもワクワクしています。HYファン、BIGMAMAファンのみならず、全ての音楽ファンを魅了するようなそんな作品に!という気持ち、野望、適度な下心。お楽しみに。

HY+BIGMAMA – 「シンクロニシティ」MV

リリース情報
アルバム「Synchronicity」
2016年7月6日発売

初回盤(CD+DVD)UPCH-7165 3,800円+税

通常盤(CD)UPCH-2082 3,000円+税
収録曲: 全11曲
初回盤、通常盤、共通特典:HY+BIGMAMA 「Synchronicity Tour 2016」チケット先行予約案内封

関連リンク

「HY+BIGMAMA」コラボレーションサイトhttp://po.st/hybigmama

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。