ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

耳にかけると音楽が聴こえる!骨伝導サウンドシステム内蔵サングラス「ZUNGLE Panther」がアツイ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Kickstarter登場から、わずか18時間で目標達成。プロジェクト公開前から話題を集めていた「ZUNGLE Panther」は、予想以上の人気ぶりだ。

「ZUNGLE Panther」は、骨伝導スピーカー内蔵型サングラス。装着するだけで音楽や通話が楽しめる、眼鏡型のヘッドフォン。LAを拠点に活動するスタートアップ、ZUNGLEによって開発された画期的な製品だ。

・骨を振動させて音波を送信

骨伝導スピーカーとは一体、どういうものなのか。ポイントは、サングラスのつる部分に内蔵されたサウンドシステムにある。

このシステムが耳周辺の骨を振動させ、頭蓋骨に向かって音波を送信する。接続はおなじみのBluetooth。ミュージックデバイスとつなげば音楽が、スマホにつないで内臓されているマイクを使えば、ハンズフリーで通話が楽しめる。

最大のウリは、その安全性。耳をふさがないので、音楽を聴いていても外の音がよくわかる。近年取沙汰されている“ヘッドフォン事故”も、これなら回避できそうだ。

・つる部分のジョグダイヤルで操作

操作は、つる部分につけたジョグダイヤルで。電源のオン・オフ、選曲や音量の調整は、すべてここで行う。

はたから見れば、普通のスタイリッシュなサングラス。よほどヴォリュームを上げない限り、音楽を聴いているようにはとても見えないだろう。ファッション性を損ねず利用できるのも、このプロダクトの大きな魅力だ。

レンズのカラーはブラック、ブルー、レッドなど7色。気分に合わせて、着せ替え可能。重さは45グラム。一般的なサングラスと同じくらい軽量だから、気軽に使うことができる。

プロジェクト公開は、7月16日まで。支援は99ドル(約1万350円)から。年内には、発送される予定。

ZUNGLE Panther/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP