体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

やせたいビジネスパーソン必見! 話題の「食べるダイエット」3選

やせたいビジネスパーソン必見! 話題の「食べるダイエット」3選
f:id:k_kushida:20160617172452j:plain

クールビズの季節がやってきました。面倒なスーツとおさらばできると喜んだものの、悲しいかな、お腹にはぜい肉が。普段はスーツで隠しているものの、薄着だとポッコリ腹が結構目立つんですよね。本格的な夏に向けて、引き締まったボディを取り戻したいところですが、雨期の季節だと毎日、外に出てジョギングというわけにもいきません。そこで今回は、会社員でもできる手軽な「食べるダイエット」をご紹介します。忙しいビジネスパーソンにもうってつけですので、お試しあれ!

■ご飯に混ぜて食べるだけ!「もち麦ダイエット」

f:id:k_kushida:20160617172643j:plain

もち麦ってご存知ですか? もち麦は大麦の仲間。米にも、もち米とうるち米があるように、大麦にも、もち性とうるち性があるのだとか。いわゆる麦とろご飯で使われる押し麦はうるち性の大麦。対してもち性なのがもち麦です。大麦は食物繊維が多いことで知られていますが、そのなかでも、もち麦は食物繊維の含有量が多く、白米の約25倍の食物繊維を含んでいるのだそうです。

「もち麦ダイエット」とは、そのもち麦を毎日食べることで、不足しがちな食物繊維を補って便秘改善、腸内環境の改善を促し、結果としてダイエット効果も期待できるというもの。糖尿病の予防、悪玉コレステロールの上昇を抑制する、中性脂肪を減少させるという役目もあるそうなので、お酒の飲み過ぎで成人病予備軍になりそうな人にはうってつけのダイエットかもしれません。

食べ方は、もち麦をお米に混ぜて炊飯器で炊くだけ。米一合に対し50グラムのもち麦を入れれば(3割炊き)、2.7グラムの食物繊維が摂取できます。白米だけだと0.5グラムしか摂取できないというからかなりの量ですよね。気になるカロリーは、ご飯一杯分で白米だと252キロカロリーですが、3割炊きのもち麦ご飯は233キロカロリーと、19キロのカロリー減。

早速試してみましたが、玄米のように長時間つけておく必要もなく、普通のお米と同じように炊けるので、非常に手軽。なにより意外と(?)おいしい。もちもちとした触感がくせになります。

時間がない朝でも、納豆や鶏肉など、たんぱく質が豊富な食品、めかぶやホウレン草などビタミンやミネラルが豊富な食品と一緒に食べれば、より痩せやすい体になりそうですよね。おすすめは、朝と晩をもち麦にすることだそうです。昼間は何を食べてもいいというのが、会社員向きですね。

参考図書:『もち麦ダイエットレシピ』(アスコム)

■1日150グラムの肉を食べる「肉食ダイエット」

f:id:k_kushida:20160617172828j:plain

お米より肉が好きという人には、「肉食ダイエット」はいかがでしょう。白米の変わりにお肉でおなかと心を満たすダイエットで、一日当たり150グラム~200グラムの肉を毎日食べるというもの。1回の食事で摂取しても3回の食事に分けてもいいし、肉の種類も、牛肉、豚肉、鶏肉、ラム肉、となんでもよし。これなら飽きずに続けられそうですね。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。